SNSで最新情報をチェック

ウマさの理由はどこにある?!「中華屋でカレー?そんなの町の食堂ならどこでも食えるし、一緒っしょ」とか、タカをくくっているそこのアナタ、とんでもない!今回ここで紹介する都内中華屋のカレーは、ホントに絶品揃いのリピート必至。その旨さの秘密、こだわりに迫ります! エリア:神楽坂/三宿/高田馬場/青山/南千住 ※ランチタイム有

画像ギャラリー

自由過ぎるルックスに 先入観、破壊される

 思えば中華街しかり。「あそこのカレー、旨いんだよなあ」っていう中華屋は確かに存在する。すでにこの時点で、牛ばらやら、排骨やら、ターメリックカラーなどが脳内に点滅。よだれ中枢が危険なので、早速出発する。お題は「中華屋の絶品カレー」発掘&そのウマさの秘密、である。ていうか、逆もまた真なり! そんな予感とそれを証明したい〝野望〟もあったりして。
 まずは神楽坂、創業明治22年の老舗『龍公亭』でランチメニューにカレーライスを発見。
素早く注文して待つことしばし。「お、おおう?」紛れもなく中華丼ライクなルックスにまずは驚愕。が、「う、うめえ…」。ほんのりスパイシーな香りに誘われて口に運べば、やさしいトロミの中にはリッチな旨みが。しかも、シイタケ、キクラゲ、イカ、エビ、タケノコ……と具沢山。スプーンならぬレンゲが止まらん。
 さすが中国四千年の歴史、味が深~いと早くもヒントをつかむ。このリッチさだよ!

龍公亭の「カレーライス 」【神楽坂】

写真:カレーライス 1200円
シーフードも入った一見中華丼風の具沢山。スパイシーでほどよいとろみ、上品でリッチな旨みがある

広々開放的な店内で本格的な広東料理を楽しめる創業明治22年の老舗。神楽坂という場所柄かこのカレー、出版社の人々に人気で、口コミで広まったとか(夜は裏メニュー)。※ランチタイムあり

 して、次は三宿の『新記』へ向かう。食するは「シンガポールカレー」だ。うわお! またスタイルは全然違う。こちらのお店のルーツは香港、中でも潮州料理。で、これ、「香港のベトナム料理屋にあるようなカレー」なのだと。ココナッツミルクの甘い香りに、奥行きのあるスパイシーでさらっとしたスープ。これにほろりと煮込まれたチキンが合う!
 うむ、どこか懐かしい東南アジア系。そ、中国は広い。この自由さとバラエティ感も魅力なんだなあ。

香港麺新記三宿本店の「シンガポールカレー 」【三宿】

写真:シンガポールカレー 800円
ココナッツミルクの甘い風味を感じさせながらも、スパイシーな奥行きがたまらない。さらっとしたスープもいい

オーナー・北浦氏が愛して止まない’70~’80年代の香港で出合った潮州料理の店『新記』。その魅力を日本に伝えるべく21年前にオープンした同店は、味も雰囲気もそんな香港らしさに満ちている。※ランチタイムあり

 所変わって、高田馬場の『玲音』。中華屋だけど、なにやらカフェっぽい雰囲気に、ノリのいいご夫妻。すでに自由な気分いっぱいの中で供されたのは「たまごカレーごはん」。
やっぱり自由。
中華鍋の中ですでにカレーとライスは混ぜ合せられ、真ん中の窪みには生卵がポン!スパイシーで適度な汁感のカレーが、さらりとしたライスの間をほどよく行き渡り、よーく混ざった挽き肉と玉ねぎがまたいい。しかしあれだ、熱々の鍋に投入されたカレー粉とスープ。香り立つ、あれもポイントやな。

Heaven”s Kichen玲音の「たまごカレーごはん」【高田馬場】

写真:たまごカレーごはん 850円
ピシッとスパイシーで適度な汁気のあるカレー、挽き肉と玉ねぎがライスと一体化。なんとも絶妙なバランスだ

ヘブンズキッチン玲音は高田馬場駅からは少し歩く住宅街の隠れ家的ロケーションにある。そこにちょっとカフェめいたファンキーな中華屋は存在する。※ランチタイムあり

 お次は餃子がうまい、赤坂の『珉珉』。少し前までは裏メニュー、もとはまかないだったという「ナスカレー」、知ってた?
 野菜と揚げたささ身をジュワッと炒め、中華スープに牛乳も少し、カレー粉で仕上げられる。ナスやささ身、ルーのとろっと感やスパイシー加減が最高! してその陰には、やはりスープの旨みが見え隠れ。店によって違えども、ウマさの秘密の一つはやはりそこんちの中華スープ。ちなみにコレが旨けれりゃほかも美味しい。基本ですから。

珉珉の「ナスカレー 」【青山】

写真:ナスカレー 1410円
なす、ピーマン、鶏肉。どこか懐かしいとろみと旨みが◎

『珉珉』と言えば、酢胡椒で食べる肉厚ジューシーな焼き餃子が絶大な人気を誇るわけだが、3~4年前にオンメニューされた「ナスカレー」も知る人ぞ知る旨さ! 白飯もいいが「ドラゴン炒飯」と一緒に食べるのもグー。※ランチタイムあり

 さて、仕上げに南千住、『日正カレー』に行こう。ここんちでは迷わず「カツカレーライス」だ。
昭和ライクの懐かしいルックス。
だが、ただ者ではない。
ひと口食べれば、スパイシーーーッだ!あと口に軽く心地いい苦みも残るようなスパイシー。じわじわ辛いがさらさらっとしてスプーンが進む。分厚いトンカツも見事だが、ルーに溶け込むように煮込まれた柔らかい豚肉がまた旨い。「いやいや火力があるからさ」って、そういえば中華は火と油と香りのマジック。その〝技〟がスパイシーさをさらに引き立てているに違いない(きっと)。
ま、でも、理由はともかくこれは言える。中華屋のカレー、やっぱりうめえ~~!

日正カレーの「大盛りカツカレーライス」【南千住】

写真:大盛りカツカレーライス 950円
じわっと辛くあと口が軽く苦い、本格的なスパイシーさ

カレーがすっかり人気で店名もこうなれど、昔からのメニューも健在の中華屋だ。野菜たっぷりのタンメンもスープまで旨々で人気。※ランチタイムあり

2016年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...