SNSで最新情報をチェック

吉祥寺の焼き肉と言えば『R』である。いきなりの核心で申し訳ないけど、はい、地元民の皆さんも納得ですね! そうですね! コスモビルの4Fのあそこ! 密かにビルの4Fに行列ができてんのよ。『R』は、不滅! そんな気すらしてくる吉祥寺最強の焼肉屋だ……。

画像ギャラリー

吉祥寺の焼肉はどう考えてもあそこしかないだろう、の件

吉祥寺の焼き肉と言えば『R』である。
いきなりの核心で申し訳ないけど、はい、地元民の皆さんも納得ですね!
そうですね!
コンセンサス取れてますね?
という感じで、吉祥寺の焼肉は『R』に決まっている。
コスモビルの4Fのあそこ!
メンチカツの行列ができる道に面したビルですね。
でも、密かにビルの4Fに行列ができてんのよ。
マジで並ぶよ、あそこは。
しかも店は広くて270席ぐらいあるらしいけど、それでも週末のゴハン時は1~2時間待つときがあるよ……。
行列に冷ややかで、並ぶのは大嫌いだけど『R』だけは許すよ。
本当に『R』限定で行列許可。

イラスト/スタジヲワンツー

そんな激混み&大人気の『R』ですが、私は『R』にお客さんが【私&おっさん女子仲間T】と【ほかの女子2人連れ】の2グループしかいなかった現場を体験したことがある。
そう、あれは2001~2002年ごろだと思う。
BSE(牛海綿状脳症)の風評被害のときである。
本当に、あのときはひどかった。
焼肉屋さんがバンバン潰れて、悲しいことになっていた。
そんなさなか、おっさん女子仲間Tと焼き肉に行くという暴挙っていうか(笑)、焼肉屋愛。
焼肉愛じゃなくて、焼肉“屋”愛ね!
でも、そしたら『R』にお客が4人ですよ。
ゴハン時に4人……。
お店の人の数のほうが多かったよ。
ここはいつも、網を変えてくれるタイミングがいい感じで、好きなんだけど、いつもの3倍くらい網を変えてくれたよ……。
だって暇なんだもん……。
気を使って焼トンもありますよ、と声をかけてくれたりしてさ……。
豚じゃなくてもいいんだけど、わざわざ仕入れたんなら、食べていきます的にオーダーしたりしてさ。
後にも先にも焼肉屋であんなに悲しい気持ちになったのは、あのときだけ。
その後も間を詰めて通ったんだけど(空いてて快適だったから)、徐々にお客さんも戻ってきて、元の激混み『R』になりましたとさ……。
並ぶ、並ぶ、並ぶ。
でもよかった、潰れなくて。

『R』は不滅! そんな気すらしてくる吉祥寺最強の『なごみ系』焼肉屋!

『R』は、1974年創業とのことだけど、実は日テレのドラマ『俺たちの旅』のオープニングに看板が写っているんだよね(笑)。
あのドラマが1975年に放映されたそうなので、『R』はオープンしたばっかりだったんだね。
40年以上も焼肉屋さんをやってると、風評被害あり、チェーン店の進出ありで、いろいろ大変なんだろうなぁ、と思ったりするけど、『R』は、不滅!
そんな気すらしてくる吉祥寺最強の焼肉屋だ。
何がいいって、なごむの。
店の入り口&待合スペースからすでに超昭和ですよ、ほっこり。
特に靴を脱いで座る、座敷テーブルの席が大好き。
お冷代わりのウーロン茶はテーブルにポットでドーンと置いてあるしさ。
小皿も使いたい放題。
そしてお値段リーズナブル。
家族連れでもカップルでもグループでもドンと来い! 的な懐の広さがあるんですよ、『R』は!
年末年始の新年会、家族がそろったごはん、グループの宴会には迷わず『R』でしょ。
景気よく『R』で肉をガンガン焼くでしょ! と思うおっさん女子である。

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...