SNSで最新情報をチェック

蕗味噌のほろ苦さに季節を感じ、揚げのこんがり具合にうーむと唸る。ここに穏やかな会津娘を燗酒で合わせたときにはもう、ほっと肩の力が抜けてたまらんのですよ。

画像ギャラリー

あめつち(最寄駅:学芸大学駅・祐天寺駅)

「創作に走らず、より古典的に」と店主の土井さんの言う料理は、店名のごとく雨土の滋味が素朴に生かされていて、季節を感じられるのが楽しい。加えて「ひとりでも何品か楽しめるように、ポーション小さく、値段もミニマムに」という心遣いがうれしいじゃないか。で、日本酒がまたよし。「食中酒として成り立つように、奇をてらわず、華やかな主張はなくとも落ち着いた旨み」があるセレクトだ。使い込まれた淡い色合いに味がある杯も、思わず進むというものだ。

蕗味噌のきつね炙り

540円

菜の花のごま和え

486円

独活のきんぴら

486円

あめつち

電話番号 03-3712-1806

2017年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...