SNSで最新情報をチェック

グルメライターが食べ歩いて見つけた、松戸のいま食べておきたい、唸るラーメンは「松戸中華そば 富田食堂」のラーメン。つけ麺の名手『とみ田』が手掛ける『富田食堂』が移転リニューアル。グループ初となる淡麗系ラーメンを新たな看板メニューに掲げ、再スタートを切った。

画像ギャラリー

松戸中華そば 富田食堂(最寄駅:松戸駅)

清湯なのに超濃厚!大量の地鶏で作る贅沢中華そば
スープに使う材料は、鹿児島「黒さつま鶏黒王」、熊本「天草大王」、茨城「奥久慈しゃも」をはじめとする各地の地鶏。大量の材料を使って濃厚な味に仕上げる“とみ田イズム”はここでも健在で、高級食材である地鶏を惜しげもなく使い、清湯ながらも超濃厚な味わいに仕立てている。クリアな地鶏スープを支えるのは、力強い豚スープと昆布や煮干しの旨みがしみ出た魚介ダシ。タレにも大量のアサリを使っているため、旨みの余韻がいつまでも続く。元々の看板である「煮干しそば」(780円)や『とみ田』譲りの「濃厚つけ麺」(850円)もあり、目移り確実だ。

純粋金華豚雲呑そば(塩)

1050円

お店からの一言

「席数が増えたのでゆっくりお酒も楽しめます!」

松戸中華そば 富田食堂

■『松戸中華そば 富田食堂』
[住所]千葉県松戸市松戸1239-1 関根ビル 1階
[TEL]047-312-3120
[営業時間]10時~24時半(24時LO)※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]JR常磐線ほか松戸駅東口から徒歩2分

電話番号 047-312-3120

2017年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...