SNSで最新情報をチェック

銘酒居酒屋の激戦区・大塚にあって、古風な酒場スタイルで30年以上も愛されてきた『きたやま』。こと1階のコの字カウンターは最上の空間だ。

画像ギャラリー

酒蔵きたやま(最寄駅:大塚駅)

料理長が築地に出向いて仕入れる魚を始め、スタンダードな居酒屋メニューがとにかく豊富。壁に貼られた品書きの短冊を眺めるだけで食いしん坊にはたまらない。昔ながらの辛口の定番酒から軽やかでモダンなもの、この時期はひやおろしと、日本酒も幅広い揃えで「どんなお好みにも応えます」と頼もしい限り。最初の一杯に迷ったら、さらりと飲める手取川をぜひ。選べる小鉢三品をアテに飲りつつ、じっくり作戦を立てるのもいい。

スズキうず造り

950円

手取川 ひやおろし

980円

きれいな味わいの手取川は淡白なお造りと相性抜群

ミニ小鉢お好み三品

930円

お店からの一言

店長 小林義尚さん
日本酒担当 山本壮人さん

「お燗に向く酒もいろいろあるので聞いてください」

酒蔵きたやま

[住所]東京都豊島区南大塚2-44-3 [TEL]03-3946-5366 [営業時間]17時半~22時LO [休日]日・祝、第3土 [席]カウンター20席、テーブル12席、計32席/1階禁煙、2階喫煙可/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代360円別 [交通アクセス]JR山手線ほか大塚駅南口から徒歩3分

電話番号 03-3946-5366

2017年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...