SNSで最新情報をチェック

映像居酒屋 ロボ基地(居酒屋/池袋)|基地の入ったビルのエレベーターを降りると、アニメでよく見かける司令部につながるような重厚なドア。ドアまでの通路には、店内で映像が楽しめる18作品のアニメの名場面や設定画が飾られ、それだけでテンションが上がる。この時点でアニメファンとしては大満足かも。

画像ギャラリー

映像居酒屋 ロボ基地(最寄駅:池袋駅)

『ロボ基地』に「フェードインッ!」して舌鼓を打ってきた!
しかし今回の指令は、シャアの部下がサイド7に侵入した時のように、居酒屋としての魅力を探ること。
もう若くないので、ちゃんとしないとね。

店に入ると大きなモニターが3つあり、作品のポスターが壁に張り巡らされている。
8割近くの席が埋まっている人気ぶりだ。
多くが30オーバーのビジネスマンで、流れるBGM(『伝説巨神イデオン』のOP曲)に合わせて軽く体を動かしたり、小さな声で一緒に歌ったりと楽しそうだ。
早速お酒をオーダーしようとすると、店員が面白いシステムの案内に来る。
スマホでWi-Fiにつなぎ、店のバーコードを読み込むと、スマホで好きな作品のOPやED、名シーンなどが見られるのだ。

また、曲や名場面にいいね!を押せば、店内で楽しんでいる他のお客と共感することができる仕組みになってもいる。
ならばと、子どもの頃によく口ずさんでいた(今もたまに口ずさんでいるけれど)『六神合体ゴッドマーズ』のEDにいいね!を押し、酒を楽しむことに。
メニューにはつくね6本盛り合わせの「六神合体‼」(842円)やホタテの貝殻を使った「科学要塞 ムトロポリス」(1296円)など、ロボットアニメからインスパイアされた名前の料理がここかしこに。
お酒も同様で「ゴッドボイスレモンサワー」や「デロイア7」(ともに626円)などが用意されている。
これまたアニメファンにはうれしいアイデア。

モニターには先ほどから『勇者ライディーン』のOPが流されている。
というわけで、カクテル「ゴッドアルファ」(626円)、手羽先「飛べ!ゴッドバード・フラーイ」(1026円)、先のムトロポリスを注文。
“ライディーン尽くし”にしてみた!
そのネーミング・姿こそアニメに寄せているが、味は文句無し。
むしろこの姿にしつつ美味しさもキープしていてすごい!

と当初こそ思っていたものの、「そういえば『ライディーン』は富野さんと安彦さんなんだよな」「名前に“ン”が付いてるアニメはヒットするらしいよ」と、知人とふたり、アニメオタクの定番的会話に終始。
そしてなんだかんだで3時間も滞在してしまった。
結論。
ロボットアニメファンは絶対に楽しい。
ファンでなかったら……面白料理も用意されていて、やっぱり楽しいに違いない。
ただし帰り道、好きなアニソンの鼻歌リピートがもれなく付いてきますけど。

映像居酒屋 ロボ基地の店舗情報

[住所]東京都豊島区西池袋1-10-15 3階 [TEL]03-5955-4644 [営業時間]16時~24時 [休日]年末年始 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅南口から徒歩2分

電話番号 03-5955-4644

2018年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...