SNSで最新情報をチェック

銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。

画像ギャラリー

ぎんざ一二岐(最寄駅:東銀座駅)

料理から接客まで文句なしの名店

なればこそ客はリラックスして存分に食を楽しめるというもの。さてコースの目玉はいくつかあるが、名物の鰹の藁焼きは外せない逸品だろう。天日干しにした手刈りの藁で豪快に炙って香りをまとわせた塩たたきで、その芳しき風味と旨みの何と奥深いこと。さらに〆の土鍋ご飯がこれまた圧巻だ。まずは芯が残る米のアルデンテ、蒸らす前、後、お焦げと4段階を食べ比べれば目からウロコの感動が。米の底知れぬ美味しさにひれ伏すはず。

コース
【強肴】鰹のわら焼き

5400円(全7品)

【先付】揚げ胡麻豆腐

 

外はカリッと中は白子のような食感

【お椀】鰆と新玉ネギのしんじょう

 

 

鰆とピューレ状にした新玉ネギで作るしんじょう

【揚げ物】桜エビとふきのとうのかき揚げ、白魚とうすい豆のかき揚げ

 

 

サクッと揚がったかき揚げは緑茶塩で

【煮物】金目鯛と筍生ワカメの炊き合わせ

 

 

金目鯛の骨から取ったダシが上品

【食事】土鍋ご飯

 

 

米は甘みと旨みがある北海道の「ゆめぴりか」。蒸らす前と後など4段階で味の違いを楽しませてくれる。魚のダシを使った玉子焼きやちりめん山椒なども付く

【甘味】酒粕のアイス

 

 

酒粕の香りがいい

お店からの一言

 

料理長 中井隆裕さん

「肩ひじ張らず楽しんでもらえるよう心掛けています」

ぎんざ一二岐の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座2-14-6 第二松岡ビル地下1階 [TEL]03-6278-8110 [営業時間]11時半~14時半(12時半LO)、18時~22時半(20時LO)※ランチタイム有 [休日]日(月が祝の場合、日月が連休) [席]カウンター7席、個室テーブル6名×1室、4名×1室、計17席/全席禁煙(夜は個室のみ喫煙可)/予約可/カード可/夜のみサ10% [交通アクセス]都営浅草線ほか東銀座駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-6278-8110

 

 

 

2018年6月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...