SNSで最新情報をチェック

十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。

画像ギャラリー

十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋

「黒パグを飼ってるんで、屋号を『9689』にしたんです」
十三の西口にある海鮮居酒屋「9689食堂」の店主は、約5年前に専業主婦から転身。
「料理を作っていると幸せなんです。好きな熱燗を飲んで料理を作って、毎日が楽しいので休みも不定休(笑)」
朝の11時オープン。
カウンターの8席というこぢんまりとしたお店で、昼から満席になることも……。

「中央市場の知り合いから直接魚を買っているので、安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」

おススメは「おまかせ3品セット」(1000円)。
その日の「旨いもんメニュー」からランダムに3品を提供。
野菜1品にお魚2品がベースだ。

この日は「ハマチ造り」と、「たら白子」「マカロニサラダ」の3品。

おまかせは実にオトクで、この3品だけでお酒がガンガン飲めてしまう。

同行した友人も、おまかせを注文。

「おでん」「ほっけ」「ハマグリチャウダー」の3品で、このボリュームはヤバすぎちゃう!?
食事は、おまかせだけで完結してしまう。

贅沢にも、ハマグリがゴロゴロと入ったクリームチャウダー。
おまかせで提供するには、もったいないレベル。

さらに、おでんは6品入り。
出汁がきいたアキレスのスジはホンマに旨い。
絶妙な噛み応えなのだ。

「十三には美味しいお米が食べられるお店が少なくて、それどころか匂いのあるお米を出すお店もあるんです。
それなら自分で美味しいお米を出せるお店を始めようと思って。
おむすびにしたり、鯛めしや牡蠣めしを作ったりしています」
毎日3組以上は『ネットを見た』と言って初来店。
初見でも入りやすい、実に温かなお店なのだ。

9689食堂
[住所]大阪市淀川区十三本町1-4-11 丸辰ビル1F
[TEL]050-3596-9689
[営業時間]11:00~22:00
[定休日]不定休

加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...