SNSで最新情報をチェック

おしゃれなデミタスカップで抹茶が飲める「デミタス抹茶」。最近のメニューかと思いきや、こちらの東京丸の内店がオープンした2010年から提供されている。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

一保堂茶舗 東京丸の内店(最寄駅:有楽町駅)

斬新な試みでお茶業界をリード

茶道にとらわれず気軽に楽しめるように器を変えただけで、中身は茶碗で点てて飲む薄茶と味も量も同じ。苦み、甘み、旨みのバランスがいい「幾世の昔」が使われ、スーッと体に入っていく。あまり馴染みのない濃茶も、「抹茶グーモン」ではスプーンですくって少しずつ楽しみながら、抹茶の苦みや旨みをダイレクトに感じられる。京都や東京の名店が日替わりで登場する生菓子も魅力。

デミタス抹茶(焼き菓子付き)

864円

抹茶グーモン(チョコレート、ほうじ茶付き)

1620円

抹茶は上品な苦みが特長。チョコレートの甘みが重なるとまろやかに

雲門の昔 濃茶、生菓子

2052円、432円

「雲門の昔」は、ダシが利いたような強い旨みが特長。濃茶は、途中で薄茶に点て直してくれる

一保堂茶舗 東京丸の内店の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1階 [TEL]03-6212-0202 [営業時間]11時~19時(喫茶室は18時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全28席/全席禁煙/予約不可/カード可 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか有楽町駅D1出口から徒歩5分

電話番号 03-6212-0202

撮影/瀧澤晃一 取材/井島加恵

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...