SNSで最新情報をチェック

暑い日に店を訪れると、奥の作業場でご主人がせんべいを焼いていた。現場は灼熱となり、その中での作業はかなりキツイ。

画像ギャラリー

お江戸 鎧せんべい 岩本米菓(最寄駅:大井町駅)

70年間ずっと下町で愛される実直な仕事ぶり

しかも一枚、一枚焼き具合を見ては並べ替えるなどの手間がかかり、かなりの重労働だ。それでも手焼きにこだわるのは「やはり味が違う」から。創業以来、時間をかけて焼きと冷ましを繰り返し、焦がさないように芯までしっかりと火を入れるという製法を貫いてきた。そうすることでこの硬さが生まれるのだという。そうして焼いた堅焼きせんべいは、噛めば「カリリッ」と小気味よい音をたて、口の中に米の風味を残して、思いのほか口どけ良くふんわりと溶けていく。

手前から鎧せんべい、ザラせんべい、石垣焼き各1枚60円(税別)。すべて手焼き

家庭で焼くせんべい生地324円も販売


品川区のお土産に認定された品川あられ324円とレモン愛果324円。トマトチーズおかき540円も人気

お江戸 鎧せんべい 岩本米菓の店舗情報

[住所]東京都品川区大井1-20-13 [TEL]03-3771-9649 [営業時間]9時~18時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝/取り置き可/カード可/電話注文可 [交通アクセス]JRりんかい線ほか大井町駅西口から徒歩4分

電話番号 03-3771-9649

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...