SNSで最新情報をチェック

店主・赤津敬佳さんが謳うのは「お酒に底上げされる料理」。2017年のオープン時、日本酒の軸として決めた1本が「丹澤山」。

画像ギャラリー

酒・肴 赤津庄兵衛(最寄駅:荻窪駅)

料理と酒との出合いに身をゆだねる

「ダシとの相性が抜群にいい」と赤津さん。お椀とともにいただけば味わいがふくらみ、なるほど「底上げ」とはこういうことかと実感。刺身に合わせるポン酢醤油、ニンニク醤油まで自家製と手抜きはない。  酒は約30種から料理に合う温度で出してくれるので、おまかせもよし。料理と酒の、めくるめく世界に身を委ねたい。

刺盛り、前菜3種盛り(小)

2000円、480円

つるもちの水餃子(3ケ)

360円

皮から作る水餃子。正統派和食以外のこんな変化球も楽しい

A5黒毛和牛と松茸と冬瓜の椀物、丹澤山 麗峰

1200円、950円(1合)

お椀のダシと「丹澤山」の出合いを満喫

川口納豆

1000円(1合)

赤津さん曰く「魅惑の秋酒」。酸と旨みの調和が素晴らしく、飲み終えたあとにゆったりと流れる余韻が素敵

お店からの一言

店主 赤津敬佳さん

「冷やもお燗も、日本酒の楽しさを一緒に見つけましょう!」

酒・肴 赤津庄兵衛の店舗情報

[住所]東京都杉並区天沼3-11-3 モアビル102  [TEL]03-6383-6544 [営業時間]17時~23時半(LO)、日・祝は16時~ [休日]水、第3火 [席]カウンターあり、全14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席代300円別 [交通アクセス]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩5分

電話番号 03-6383-6544

撮影/貝塚 隆 取材/本郷明美

2019年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...