SNSで最新情報をチェック

「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

てん婦羅 天寿ゞ(最寄駅:御徒町駅)

ブレない仕事と家伝の技法が極上の天ぷらを生む

鍋前の自身の姿が「父に似てきた」と笑うが、それは受け継がれる技が体に染みついた証だろう。もちろん素材のこだわりもそのまま。特に穴子は基本的に羽田沖の江戸前と決めている。衣は厚過ぎず薄過ぎず、素材がうっすら透けるいい塩梅。油はふたつの鍋を使い分け、エビの香りが強く出るかき揚げは専用の鍋を用意する徹底ぶりだ。血合いを含む亀節の削りたてを使う奥深い天つゆもこの店の特長。江戸っ子、鈴木さんの所作と接客を楽しむならカウンター席を予約しよう。

天ぷらAコース(内容は仕入れで変わる)

5500円

左から穴子、ミョウガ

穴子はほぼ羽田沖のものを使用。身がしっかりしてホクホクだ

左から、インゲン、きす、巻海老2本

300円~(上から時計回りに、穴子 1000円、アスパラ 300円、キス 400円、イカ 400円)

巻エビとは小さい車エビのこと。繊細な甘みがあって歯切れもいい。天つゆは亀節を毎日削って仕込んでいる

小巻海老のかき揚げ(Bコース 6600円の1品)

かき揚げは人気の品。丼にも変更できる

お店からの一言

店主 鈴木康夫さん

「使う道具もほぼ昔のまま。生け花など店内の季節感も大事にしています」

てん婦羅 天寿ゞの店舗情報

[住所]東京都台東区上野2-6-7 [TEL]03-3831-6360 [営業時間]11時半~14時、16時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全31席/全席禁煙/予約可(土・日・祝の昼は12時までの入店のみ)/カード可/サなし、お通し代330円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線上野広小路駅・都営大江戸線上野御徒町駅A3出口から徒歩1分、JR山手線ほか御徒町駅北口から徒歩5分

電話番号 03-3831-6360

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...