SNSで最新情報をチェック

焼き芋は“食べ物”ですが、“飲み物”があるとすすめられて、手に取ったのが「飲む焼きいも」。焼き芋の自然な甘みを生かし、砂糖を一切加えない“ノンシュガードリンク”のお味は―――。

画像ギャラリー

完成までに1年の逸品「とろ焼き芋」を使用

飲む焼きいもは、茨城県鉾田市の農産物販売加工会社「小太郎物産」人気の一品。同社の看板商品「とろ焼き芋」を使って作られます。原料となるとろ焼き芋は、茨城県産紅はるかを使用。出来上がるまでに1年はかかるという手間暇かけた逸品です。従来の焼き芋とは異なり、ねっとり、しっとりとしながら、なめらかな食感が魅力です。

小太郎物産社長の小沼(おぬま)広太さんによると、サツマイモは畑に植え付けてから掘り出すまでの期間が通常は約100日とのこと。しかし、とろ焼き芋の場合は、140日もの日数をかけるそうです。「畑の中で“完熟状態”にしてから掘り出します」(小沼さん)

掘り出したサツマイモは熟成処理を行った上で、専用の倉庫で最低5カ月は寝かせます。こうすることで、でんぷんの糖化現象が進み、特色の「ねっとり、しっとり感が出る」のだそうです。

この後、秘伝の方法で焼き、冷凍庫に入れて最低2カ月以上置いたら完成です。

牛乳とミキシングするだけ 砂糖を加えない“ノンシュガードリンク

とろ焼き芋の平均糖度は50度。「サツマイモの約半分が糖分に変化したということ。でんぷんが変化したものなのでとてもヘルシーです」(小沼さん)

その手塩にかけたとろ焼き芋と、成分無調整牛乳をミキサーにかけると、飲む焼きいもは完成です。原料は、とろ焼き芋と牛乳だけ。砂糖、香料、保存料などは一切加えていません

裏漉しをしていないのに、なめらかな口当たりになるのは、とろ焼き芋と牛乳を混ぜ合わせる割合に秘訣があるとのことです。

「冷たくしても、湯煎して温かくしても美味しいですよ」(小沼さん)。牛乳や豆乳で割る飲み方もおすすめだそうです

濃厚だけどなめらか 後味スッキリ

小沼社長のこだわりが詰まった飲む焼き芋を、味わってみます。冷凍販売されていますので、まずは冷蔵庫に置いて、解凍しました。

ワイン用のグラスに注いで、冷たい状態で試します。一口含むと、焼き芋本来の自然な甘さと風味が、口の中に広がりました。濃厚ですが、口当たりは確かにとてもなめらかです。後味も、スッキリしています。うん、うまい!!

冷やして味わうことと、見た目の色合いから、ジャガイモの冷製クリームスープの「ビシソワーズ」が頭に浮かびましたが、スープのように舌に残りません。やはり、この感覚は「飲み物」です

次に適量の牛乳で割ってみましたが、ほのかな甘みがついて、フレーバーミルクのようなテイストを楽しめました。これは、牛乳が苦手なお子さんに、いい飲み方かもしれません。

私見ですが、温かくするとスープの印象が勝る感じがしましたので、“飲み物感”を楽しむなら冷たいほうがいいような気がします

「女性が買っていかれます」 食物繊維も豊富

飲む焼きいもは、各種通販サイトで、“お取り寄せ”が可能です。実店舗ですと、東京都内では茨城県のアンテナショップ「IBARAKI sense」(イバラキセンス)に置かれていました(店頭価格で税込み540円)。同店を訪れた際、「メディアで取り上げられたこともあって、女性が買っていかれます。焼き芋の素朴な甘さが感じられて美味しいです。人気ですよ」と店員にすすめられたのが購入のきっかけです。

熱量は、100g当たり89kcalとヘルシーです。一袋の内容量は160cc(小さめのサツマイモ1本分)ですので、約142kcal。砂糖を使っていないこととあわせ、これも、女性に受ける理由のひとつでしょう。

小沼さんによると、「食物繊維や、サツマイモに含まれるヤラピンもたっぷり入っていますので、整腸作用も期待できます。(普段の食事との)置き換えダイエットにもいいですよ」とのこと。体重が気になる男性諸氏にもおすすめしたい“ヘルシードリンク”です。

「IBARAKI sense」の店舗情報

ショップには、旬の野菜・果物、食品やお酒、工芸品など約1000種類の特産品が並んでいます。

[住所] 東京都中央区銀座1-2-1紺屋ビル1F
[電話]03-5524-0818
[営業時間]11時~19時(ショップ・カフェ) ※営業時間は異なる場合があります
[休日]年末年始
[交通] JR有楽町駅京橋口から徒歩約3分、地下鉄有楽町線銀座一丁目駅から徒歩約1分、地下鉄銀座線京橋駅から徒歩約4分、地下鉄日比谷線・丸ノ内線銀座駅から徒歩約6分

撮影・文/堀晃和

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...