SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

シリーズ累計発行部数23万部突破の人気レシピ本 待望の続編では11月3日公開の劇場版登場の料理レシピも紹介

よしながふみさんの漫画『きのう何食べた?』は、2007年から青年漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されている人気作品です。主人公は、弁護士の筧史朗(シロさん)と、美容師の矢吹賢二(ケンジ)。2LDKのアパートで一緒に暮らす恋人同士2人の日常が、「食生活」とともに描かれます。料理は基本的にシロさんが担当。2人の食費は1カ月で2万5000円以内と決め、几帳面で倹約家のシロさんが、スーパーの特売などの安い食材を使って手軽に美味しい料理を作ります。

2019年のドラマ化の際に刊行されたのが『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ~』(1540円)です。続編の『公式ガイド&レシピ きのう何食べた?~シロさんの簡単レシピ2~』(1540円)では、レシピに加え、ドラマや11月3日公開の劇場版でシロさん役を演じた西島秀俊さんとケンジ役の内野聖陽さん、作者のよしながふみさんによる「スペシャル鼎談」、キャラクターやストーリーのガイドも収録。『きのう何食べた?』の世界観が分かる充実の内容となっています。

『きのう何食べた?』正月SPに登場した「デミグラスソースのオムライス」のレシピ

デミグラスソースのオムライス

材料〈1~2人分〉

玉ネギ……1個
鶏モモ肉……1枚
オリーブオイル……適量
ごはん……2膳分
コンソメ顆粒…… 適量
ケチャップ……たっぷり
塩…… 適量
コショウ…… 適量
卵…… 3 個
マヨネーズ…… 少々
牛乳…… 少々
バター……2かけ
デミグラスソース……適量

作り方

玉ネギは粗くみじん切りにし、鶏モモ肉はこま切れにする。
玉ネギと鶏肉をオリーブオイルで炒めて、鶏肉に火が通ったらごはんを投入。
コンソメ顆粒、ケチャップ、塩とコショウ少々で味つけ。
できあがったチキンライスの半量を皿に盛る。

ボウルなどに卵を割り入れ、マヨネーズと牛乳、塩、コショウを加えて混ぜる。
フライパンにバターを入れて卵液を流し入れ、半熟のところでオムレツをチキンライスにのっける。
作っておいたデミグラスソースをたっぷりかけて完成。

残った半量のチキンライスは、タッパーなどに入れて冷凍保存。

ケンジのデミグラスソース

市販の「ハヤシライス」のルゥを使って、表記通りの材料に、玉ねぎを多め、ニンジンとしめじをお好みで追加して煮たもの。
余ったら冷凍しておけるので便利。

<原作コミック最新巻>『きのう何食べた?19巻』

『きのう何食べた?19巻』

定価:715円(税込)
発行:講談社

<レシピ本>『公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ2~』

『公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ2~』

定価:1540円(税込)
発行:講談社

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

terasaki
terasaki

terasaki

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…