MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
両国で約100年の老舗天ぷら屋の技が生む、特注の胡麻油で揚げる天ぷら

両国で約100年の老舗天ぷら屋の技が生む、特注の胡麻油で揚げる天ぷら

天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)|大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。

perm_media 《画像ギャラリー》両国で約100年の老舗天ぷら屋の技が生む、特注の胡麻油で揚げる天ぷらの画像をチェック! navigate_next

天ぷら食堂 ひさご(最寄駅:両国駅)

約100年の老舗の技が生む軽やかな天ぷら 

油の純度が高く香りが控えめなため、軽やかな風味に仕上がるのが特長。ボリュームがありながらペロリと食べられる。天丼は1000円から、定食は1100円からあり、エビ、キス、かき揚げ、ナス、ブロッコリーなど、熟練の職人が揚げる天ぷらを破格の値段で提供。メニューは昼も夜も変わらず、いつでも気軽に訪れることができる。

ひさご天ぷら定食
1100円

固めのご飯と天ぷらの相性が抜群。下町=濃い味と思われがちだが、カツオや昆布のダシが利いたあっさり風味に仕上げられている

ひさご天丼
1000円

さっくり揚がった天ぷらにタレが染みて箸がとまらない。テーブルに壺漬けやイカの粕漬けが置かれているので、合間にどうぞ

天ぷら食堂 ひさご

■『天ぷら食堂 ひさご』
[住所]東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 
[TEL]03-6456-1125 
[営業時間]11時~20時半(20時LO) ※ランチタイム有
[休日]月曜日(三連休の場合は連休明けの火曜日) 
[アクセス]JR両国駅西口から徒歩1分

電話番号 03-6456-1125
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コースの幕開けに差し出される活エビの、ピンッと開いた尾扇まで何と美麗なこと。飾り包丁でシャレた装いのナスはみずみずしさを内に秘め、捌きたての穴子は醤油、塩、天つゆの味の変化で楽しませる。
様々な飲食店が集まる博多に、初の専門店がオープン。それはアジフライ。お昼は定食一本という力の入れようで、実は早くも行列ができるほど人気を集めている。その秘密を探った。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
「天ぷらは揚げ手の心が表れる」とは創業92年の看板を守る店主、鈴木さんのお言葉。刻々と変わる素材、衣、油の状態を把握し、常に同じ仕上がりになるよう仕事を施すのが先代からの教えだ。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル