MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
海老フライ専門店 海老昌(渋谷)-売り切れ御免の特大エビフライ

海老フライ専門店 海老昌(渋谷)-売り切れ御免の特大エビフライ

渋谷の海老フライ専門店「海老フライ専門店 海老昌(えびまさ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。30㎝はあろうかという特大エビフライに初めての人は度肝を抜かれるだろう。躍動感ある姿にもグッと惹き付けられる。[住所]東京都渋谷区道玄坂2-22-6 クレア道玄坂地下1階

海老フライ専門店 海老昌(最寄駅:渋谷駅)

そう、ここはエビフライ専門店。パン粉、油、タルタルソース、米の炊き方など、すべてがこの1品を堪能するために計算され尽くしているのだ。例えばエビは大きさや鮮度、味噌の量を重視し、納得いくものが入荷できない日は営業しないというこだわり。注文が入ってからひとつずつ準備し、頭や脚も美しく仕上げるために刷毛で余分なパン粉を取り除いてから、香草を加えた油でレア気味に揚げている。具だくさんのタルタルソースとのバランスも完璧。サイズや身質の違いで約10種(数量限定)を用意している。

大昌(特選海老フライ)
2100円(本日のスープ・ライス付き)

看板メニューの頭付きエビフライは、皿からはみ出さんばかり。パン粉は耳部分を使用しない特注品。脚や頭も美味しく食べてもらうため、見た目や仕込みにもこだわる。ゆで卵とピクルスやパプリカが入った自家製タルタルはあえて主張し過ぎない酸味にしていてご飯にも合う

海老昌の小海老フライ
1510円

小エビと言えど約10㎝サイズが5尾

海老フライ専門店 海老昌の店舗情報

東京都渋谷区道玄坂2-22-6 クレア道玄坂地下1階 [TEL]03-6452-5913 [営業時間]11時半~仕込み分が無くなり次第終了、18時ごろ~21時(20時半LO、仕込み分が無くなり次第終了) ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター9席、計9席/全席禁煙/予約可/カード不可(近日中に対応)/サなし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅3a出口から徒歩4分

電話番号 03-6452-5913
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
明るく丁寧な接客が評判の天ぷら屋。加藤料理長のモットーは「料理を作るのは、幸せを作るのと同じこと」。
「てんぷら 山の上」で評判の“天ばら”(かき揚げをほぐし、ご飯と和えたもの)を海苔巻きにしたこの逸品は、銀座店のみで購入可能。かき揚げの具材はホタテ、車エビ、季節の野菜。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt