MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)

わずか9席に客が詰めかける阿佐ヶ谷の行列店。目当ては豚挽き肉100%のミートソースパスタだ。シンプルで奥深い誰もが喜ぶ無敵のパスタ

perm_media 《画像ギャラリー》阿佐ヶ谷の行列店。目当ては誰もが喜ぶ無敵のパスタ|ミート屋(パスタ/阿佐ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

ミート屋(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

吉祥寺の人気店『スパ吉』がミートソースに特化して10年前に始めた専門店で、瞬く間に地元名物となった。老若男女を魅了しているのは旨みが凝縮した特製ソースとモチモチの自家製生麺。ソースは20時間以上煮詰めることで複雑なコクを生み出しており、パンチのある濃厚さがありつつも高級店のシチューのような上品な味わいだ。毎日仕込む麺は平打ちのリングイネで、茹でたてにバターとチーズを絡めるひと手間も味に深みを出す隠し技。熱々が目の前に運ばれたらソースと麺を照りが出るまでよく混ぜて召し上がれ!

ミートソースパスタ(普通盛)
900円

黒っぽい色のミートソースは濃厚で上質な味わい。飴色になるまで炒めた玉ねぎの旨みが溶け込んでいて、豚挽き肉のコクに絶妙に寄り添っている。自家製生麺はモチモチとしたコシが特徴だ。写真の普通盛は160g。大盛は240g、特盛は320g

ミート屋

東京都杉並区阿佐谷南1-36-7パールセンター商店街 [TEL]03-3315-3104 [営業時間]11時半~15時、18時~21時、土・日・祝11時半~16時、18時~21時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター9席、計9席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線ほか阿佐ヶ谷駅南口から徒歩4分

電話番号 03-3315-3104
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ひと言で言えば、ここはピッツァや一品料理、ワインなどを同列にきちんと味わえる店だ。使い勝手も柔軟で、ピッツァを軽くつまむだけでも、前菜からメインまでしっかり食べたい時も、ワイン1杯からでも歓迎してくれる。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。
もちもちの生パスタが売りで、おひとり様のチョイ飲みにも便利なカジュアルレストラン。自粛営業中に始めたテイクアウトは、遊び心あるブリトーや手の平ほどある大きな秘伝ダレのから揚げが目を引く。
軽やかな色合いのソースながら、口に含むとトマトの酸味と国産牛の旨みが驚くほど弾ける。聞けば、玉ネギやセロリなどを炒めて煮詰めたものをベースに、挽き肉と南イタリア産のトマト、シチリアの塩を加え、さらに煮込み、1日寝かせるのだという。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル