MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店|商人の街・大阪らしさあふれる精肉店のイートイン焼肉!(焼肉/鶴橋)

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店|商人の街・大阪らしさあふれる精肉店のイートイン焼肉!(焼肉/鶴橋)

大阪で一番の焼肉密集地帯といえば鶴橋。庶民派から超高級店まで様々な焼肉店が軒を連ねる。

perm_media 《画像ギャラリー》勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店|商人の街・大阪らしさあふれる精肉店のイートイン焼肉!(焼肉/鶴橋)の画像をチェック! navigate_next

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店(最寄駅:鶴橋駅)

そこに、“焼肉界に革命を起こす店が現れた”と聞き、出かけたのは私、ライター高田強。
友人を連れて向かったのは、鶴橋本通のアーケード。鶴橋鮮魚卸売市場に隣接することもあり食品の卸や小売店が約800並ぶ。この中にある『勝手に焼肉 浅間農場』へ。
パッと見、店頭で肉を販売する精肉店だが、奥のテーブルでは、パックからお肉を取り出して焼いているカップルが。

店頭の看板で確認したところ、お肉をひとりあたり1000円以上購入すると奥のテーブルやコンロ、タレを無料で貸してくれるシステムらしい。
ならばと、肉を購入することに。よく見るとパックには、半額のシールが貼られた物もあるではないか。

なかには国産和牛のレバー152g300円が半額の150円など、信じられないことに。鹿児島県産の黒毛和牛のカルビも半額になると145g640円。お肉を選んで、そのままレジへ。コンロの使用を申告し、ビールも購入。中瓶500円などドリンクも充実している。

割り箸やビニールのタレ皿、コップなどをいただき、ガスロースターを用意してもらえば、パックを開けて焼くだけ。と思いきや「先にもみダレをかけた方が美味しくいただけますよ」と店員さん。
塊のレバーは奥で切ってもらえた。あとは心置きなく焼くだけ。
失礼ながら、どれも予想以上に美味しい。厚切り牛タンに至っては、かなりのクオリティ。

そこで、素性を明かし、話を伺う。もともとスーパーの精肉卸店で、この商店街で肉をさばいて販売もしていたら、隣のスペースが空いたこともあって、「買ってもらった肉をイートインしてもらおう」と始めたそう。今では大阪市内に4カ所展開。

安さはもちろん、街ナカでBBQ気分を味わえるから、さらに増えそうだ。

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店

大阪府大阪市東成区東小橋3-19-22 [TEL]06-6224-7418 [営業時間]11時~13時半LO、15時半~20時半LO、日・火15時半~19時半LO ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]近鉄鶴橋駅東改札口から徒歩1分

電話番号 06-6224-7418
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
肉好きを唸らせる人気店は、テイクアウトもひと味違う。客の受け取り時間に合わせ炭の遠火でじっくり火入れ。
適度に脂ののった赤身肉や絶品のホルモンでお酒を楽しんだら、〆はさっぱりと仕上げたい――そんな“オトナ焼肉”を愛する方におすすめしたいのがこちら。ピカピカと輝く自慢のホルモンは黒毛和牛の内臓を一頭買いしたもので、旨み、甘みとも抜群だ。
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル