MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店|商人の街・大阪らしさあふれる精肉店のイートイン焼肉!(焼肉/鶴橋)

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店|商人の街・大阪らしさあふれる精肉店のイートイン焼肉!(焼肉/鶴橋)

大阪で一番の焼肉密集地帯といえば鶴橋。庶民派から超高級店まで様々な焼肉店が軒を連ねる。

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店(最寄駅:鶴橋駅)

そこに、“焼肉界に革命を起こす店が現れた”と聞き、出かけたのは私、ライター高田強。
友人を連れて向かったのは、鶴橋本通のアーケード。鶴橋鮮魚卸売市場に隣接することもあり食品の卸や小売店が約800並ぶ。この中にある『勝手に焼肉 浅間農場』へ。
パッと見、店頭で肉を販売する精肉店だが、奥のテーブルでは、パックからお肉を取り出して焼いているカップルが。

店頭の看板で確認したところ、お肉をひとりあたり1000円以上購入すると奥のテーブルやコンロ、タレを無料で貸してくれるシステムらしい。
ならばと、肉を購入することに。よく見るとパックには、半額のシールが貼られた物もあるではないか。

なかには国産和牛のレバー152g300円が半額の150円など、信じられないことに。鹿児島県産の黒毛和牛のカルビも半額になると145g640円。お肉を選んで、そのままレジへ。コンロの使用を申告し、ビールも購入。中瓶500円などドリンクも充実している。

割り箸やビニールのタレ皿、コップなどをいただき、ガスロースターを用意してもらえば、パックを開けて焼くだけ。と思いきや「先にもみダレをかけた方が美味しくいただけますよ」と店員さん。
塊のレバーは奥で切ってもらえた。あとは心置きなく焼くだけ。
失礼ながら、どれも予想以上に美味しい。厚切り牛タンに至っては、かなりのクオリティ。

そこで、素性を明かし、話を伺う。もともとスーパーの精肉卸店で、この商店街で肉をさばいて販売もしていたら、隣のスペースが空いたこともあって、「買ってもらった肉をイートインしてもらおう」と始めたそう。今では大阪市内に4カ所展開。

安さはもちろん、街ナカでBBQ気分を味わえるから、さらに増えそうだ。

勝手に焼肉 浅間農場 鶴橋店

大阪府大阪市東成区東小橋3-19-22 [TEL]06-6224-7418 [営業時間]11時~13時半LO、15時半~20時半LO、日・火15時半~19時半LO ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]近鉄鶴橋駅東改札口から徒歩1分

電話番号 06-6224-7418
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt