MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中野駅の唸るラーメン!「バラそば屋」の「バラそば」

中野駅の唸るラーメン!「バラそば屋」の「バラそば」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、中野駅のいま食べておきたい唸るラーメンは「バラそば屋」のラーメン。川崎の人気つけめん店『玉』グループの5つ目となるブランド。今回の店舗は、グループ初となる塩豚骨ラーメンの専門店バラそば屋で、豚の持つ独特の甘みを引き出した“最後まで飲み干せるスープ”を目指して味作りをしている。

バラそば屋(最寄駅:中野駅)

山盛りの豚バラ肉とたっぷりネギが食欲をかき立てるラーメン

豚骨は、くどくならないよう、あえて乳化はさせず、火加減に気を遣いながら14時間中火で丁寧に炊くことで、コクがありながらもさっぱりとした飲み口のスープに仕立てた。

ひときわ目を引く山盛りの肉は、羽釜でやわらかく煮込んだ豚バラチャーシュー。特製ダレでしっかり味付けしたものを、薄くスライスして盛り付ける。

肉で麺を巻き、一緒に食べるのがおすすめの食べ方。スープにたっぷり散らされたワケネギの甘みやシャキシャキの食感も、いいアクセントになっている。

バラそば(塩味玉)
900円

麺は、つるりとした自家製の中太平打ち麺。麺量160gと食べ応えがあるが、「替え玉」(120円)をオーダーする人も多い

羽釜で3時間煮て作る豚バラチャーシュー。薄くスライスしたものが70gものる

バラそば屋

写真:バラそば屋の店内

[住所]東京都中野区中野5-59-14
[TEL]03-6454-0719
[営業時間]11時~翌1時(日は〜22時) ※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]JRほか中野駅北口から徒歩3分

電話番号 03-6454-0719
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
店主・関口さんはソルトコーディネーターでもある塩のスペシャリスト。高知県産の4種に、複雑味を生むベトナム産の計5種類の天日塩をブレンドしたタレは、旨みや甘みを含んだ柔らかなタッチ。
もとは約70年続いた中華料理店。3代目が一念発起し、ラーメン専門店として2年前に再出発した。
キレのある辛さと爽やかな香りが舌と鼻腔をガツンと刺激! 池袋『桑ばら』、神田『MANNISH』という人気店2軒がコラボして昨年7月に誕生した。
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt