MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
今行くべき築地【場内】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

今行くべき築地【場内】のおすすめ寿司店!(築地/寿司)

久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。今のうちに場内の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!

本誌が以前、高評価した店を、ライター・菜々山と編集・戎で覆面調査。
変わらぬクオリティで、キチンと味を守っている店をご紹介。

10月のとある月曜日の朝6時過ぎ、ライター・菜々山は築地市場にいた。場内でも随一の行列を作る『寿司大』に行くためだ。
最後尾を探すと、そっけなく立て看板が置かれていた。

菜「『本日の受付は終了しました』ってどういうコト!?」



事前に店に電話で確認したところ、「月曜なら7時くらいまでに並んでいただければ、通常は入れます。お約束はできませんが」と言われていたのだ。その時点で「ハイ?」と耳を疑ったけどね。

だって2014年に覆面調査した時には、14時が受付終了(水曜以外)。
その直前に並びはじめ、店に入れたのが2時間40分後のこと(ちなみに2012年の調査時は1時間45分後)。

やっと席に座れたときには、慰労困憊していたものだが、今は4時間近くかかるらしい。

この店の寿司の美味しさは認めるが、もはやここまでくると正気の沙汰ではないと言えるだろう。
と、そこへ埼玉から始発でやってきた、編集・戎氏が合流。

事の次第を伝えると、
戎「マジっすか。始発でも間に合わないって、一体何時に来れば……」


最後尾にいた女性に訊ねてみたら、
「Just before 6 o'clock(6時少し前)」


と教えてくれた。

そう、驚くのが、並んでいる客の約9割が外国人観光客なのだ。場内にある他の寿司店でも外国人客が大半で日本人は少数派。

いつも空いていたハズのサエない店でも客が列をなしているのだ。

戎「そんなに並んでいなくて、ウマい店ってないんですか?」

菜「あるよ」




何度も全店覆面調査をしている場内マスター・菜々山におまかせあれ、と連れて行ったのが『寿司処やまざき』だ。

戎「4組待ちか。これならそんなに待たなくてすみそうです」

写真:菊 3900円の一部の天然ブリ

並んでいると女将さんがお茶を振る舞ってくれた。こういうちょっとした心遣いがうれしいものです。
20分ほど待って席に着く。

職人さんが客の食べるペースにあわせ、1貫ずつ出してくれる寿司はどれも絶品。

塩で食べさせるウニの甘いことと言ったら!「お銚子1本くださーい」ってつい出ちゃいます。
まだ朝7時だけど。

戎「めちゃくちゃウマいじゃないですか!なんで他の店より空いているんですか?」



さあ?

私もここは場内でも3本の指に入る実力があると思う。
ただ、『寿司大』と『大和寿司』という、2大行列店に挟まれているから、目立たないのかもね。


この日はこれにて終了。通勤ラッシュになる前の電車で帰宅した。




さて別の日、再び場内に集合した我らふたり。


私が早起きはもうムリと言い張ったため、11時半に待ち合わせ、向かったのが『龍寿司』


菜「ラッキー。空いてる」

写真:蘭 3500円の一部

「蘭」は握り7貫と巻物がつく。

食事時にも関わらず、待ち時間ゼロなばかりか、客は他に日本人が3人しかいない。
この店がある1号館は、メインの飲食店街からちょっとハズれた場所にあるので、観光客があまり来ないのだ。
特にこの店は外国人客を取り込もうとする商売っ気がないし、ぶっちゃけ職人さんの愛想もない。
しかし、いつもとび切りウマい寿司を食べさせてくれる。

戎「シャリがホロホロってほぐれます」



でしょう!


ここまでふんわりした握りの寿司って、なかなかないし、ネタの質の高さも相当なもの。
何度来ても良い店だなあと改めて思う。




いまや、場内の寿司店でフラリと入れる店はほぼない。テーマパーク並みの混雑ぶりに閉口したのが本音だ。移転したら食べられなくなるかもだが、あえてここで食べなくてもいいのではと思う。それでもというのなら行列覚悟でどうぞ。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメライターが調査した「新宿エリア」の旨い寿司屋の中から、特におすすめしたい情報を厳選してまとめました!食べ放題からカウンターで少し高級感を味わえるお店まで多種多様!予算やシーンに応じてご利用ください!
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
19600views 東京都 寿司特集
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
13894views 東京都 寿司特集
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
21257views 東京都 寿司特集
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt