MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
UCHOUTEN(洋食/東池袋)|仕事を忘れてがっついた唯一の絶品ハンバーグ!

UCHOUTEN(洋食/東池袋)|仕事を忘れてがっついた唯一の絶品ハンバーグ!

東池袋エリアの洋食店「UCHOUTEN(ウチョウテン)」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。食雑誌に携わって10数年。取材時に「まかないのご飯ください」とお願いしたのは、東池袋のUCHOUTENのハンバーグのみ。

perm_media 《画像ギャラリー》UCHOUTEN(洋食/東池袋)|仕事を忘れてがっついた唯一の絶品ハンバーグ!の画像をチェック! navigate_next

UCHOUTEN(最寄駅:東池袋駅)

仕事を忘れてとにかくもっと美味しく食べたくなったのだ。 黒毛和牛のA5ランクのモモ肉、スネ肉と林SPFポークの合挽き肉で作るハンバーグは、ステーキをイメージしており、ガシッとした歯応えがあり、肉の旨みたっぷり。黒毛和牛のテールを加えて仕上げるデミグラスの酸味、コクと相まって、「すげぇ旨いッ!」。これに尽きる。

黒毛和牛のハンバーグ
1480円

時間と原価をかけたデミグラスソースも秀逸。ハンバーグにきっちり絡めてキレイに食べたい。昼と夜では付け合わせが異なるが、190gというサイズは同じ

日本一こだわり卵のデミグラスソースのオムライス
1780円

卵の風味を邪魔しないよう、オムレツはサラダ油で焼かれる。チキンライスの甘みとデミの酸味、オムレツのコクの美味なる三重奏も必食の味

UCHOUTEN(ウチョウテン)の店舗情報

[住所]東京都豊島区南池袋2-36-10-103 [TEL]03-3982-0077 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~21時半(20時半LO) ※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター4席、テーブル16席 計20席/ディナーのみ予約可/カード不可/全席禁煙/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線東池袋駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-3982-0077
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
豪州は移民国家。食文化も多様な国のミックスだ。「受容度の高い国民性で料理もフリーダム。
住んでいる街に旨い洋食屋があるのは人生を豊かにする大事な要素。蒲田にもありました、直樹さんの店『キッチン直樹』。
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル