MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華風家庭料理 ふーみん(中華/表参道)|ぷりぷりシャキシャキの具がご飯の上にたっぷり!

中華風家庭料理 ふーみん(中華/表参道)|ぷりぷりシャキシャキの具がご飯の上にたっぷり!

表参道の中華店「中華風家庭料理 ふーみん」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。8坪の小さな店から始まり、この場所に移って30年以上。いつ行ってもバシッと味が決まっていて、なおかつ健康に良さそうな滋味深い料理を食べさせてくれるのが『ふーみん』だ。

中華風家庭料理 ふーみん(最寄駅:表参道駅)

「中華丼」は一品で野菜、肉などの栄養をバランス良く取れるひと皿。老鶏、豚骨、香味野菜などからとったスープをベースに味付けしている。納豆の最も美味しい食べ方を追求したという「納豆ごはん」も、ひと口食べる毎に、素朴な旨みがじわじわ伝わってくる。ランチのLOが16時までと長く、「微妙な時間だし、ランチどうしよう」と途方に暮れたときに温かく迎えてくれるのもありがたい。

中華丼
昼1150円 夜1550円

中華スープと酒、醤油で味付け。香りの良さも食欲をそそる。中華丼、納豆ごはん共に昼はカニの味噌汁、夜は中華スープがつく

納豆ごはん
昼1150円 夜1430円

納豆のレタス巻きを出していたところ、ご飯と合わせたいというお客さんからのリクエストで生まれた品。挽き肉と納豆などを炒め、醤油とコショウで味付け。揚げワンタンとレタスのシャキシャキが小気味よい

中華風家庭料理 ふーみん

[住所]東京都港区南青山5-7-17 小原流会館地下1階 [TEL]03-3498-4466 [営業時間]11時半~16時、18時〜21時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日・第1月曜日 [座席]カウンター6席、テーブル2席×6卓、4席×6卓 計42席/全席禁煙/カード不可/夜のみ予約可/サなし [アクセス]地下鉄半蔵門線ほか表参道駅B3出口から徒歩5分

電話番号 03-3498-4466
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt