MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
美味しくて体にも優しい 疲れた時のかかりつけ食堂|ダルマ・サーガラ(インドカレー/東銀座)

美味しくて体にも優しい 疲れた時のかかりつけ食堂|ダルマ・サーガラ(インドカレー/東銀座)

 風邪気味の時、食べたくなるのがこちらのカレー。都内で急増中の南インド料理専門店の草分けだ。

ダルマ・サーガラ(最寄駅:東銀座駅)

こってり油分の多い北インド式に対して、さっぱりと油分控えめの南インド式カレーは食欲がない時でもサラサラっとイケる。特に10種類以上のハーブとスパイスを使った「ラッサム」は滋養スープ。タマリンドの酸味が食欲をそそる。定食の“ミールズ”にすれば野菜もたくさん摂れるのでビタミン補給にうってつけ。そして、辛さが後からくるのも南インド料理の特徴。店を出る時には体じゅうポッカポカで、風邪なんぞ吹き飛んでいる、というわけなのだ。

ミールスBセット(ベジタリアン)
2000円

サンバル(豆と野菜のカレー)、ラッサム(酸味の利いた辛いスープ)、ポリヤル(野菜のスパイス炒め)などが主菜の南インド式定食

ラム・チェティナード
2000円

胡椒を利かせたタミルナドゥ州の伝統料理

マサラ・ドーサ
1600円

ジャガ芋の香辛料炒めを、発酵させた米・豆粉のクレープで巻いたもの

ダルマ・サーガラ

[住所]東京都中央区銀座4-14-6 ギンザエイトビル2階 [TEL]03-3545-5588 [営業時間]11時半~14時LO、18時~22時LO、土・日・祝12時~14時半LO、17時半~21時LO ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター席12席、テーブル40席 計52席/全席喫煙可/平日ランチはカード不可/予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅5番出口から徒歩2分

電話番号 03-3545-5588
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
旬の野菜12種以上が入った「鶏ざんまい」。鶏ガラと野菜で取った旨みたっぷりのスープに、スパイス7種、マジョラム、タイムなどのハーブを合わせて作ったカレーは、素材の滋味を活かした、鮮烈でキレのあるスープが特徴だ。
『エリックサウス』各店のなかでもモダンスタイルを提案するこちら。ここのビリヤニは、メッカとして知られるインド中南部の街ハイデラバード式だ。
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt