MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
和創作 太(和食/目黒)|あれもこれもと、美味しいものを食べたい。そんな時にピッタリ!

和創作 太(和食/目黒)|あれもこれもと、美味しいものを食べたい。そんな時にピッタリ!

料理は「おまかせコース」のみ(21時迄)。約10種の料理には「美味しいものが食べたい。

perm_media 《画像ギャラリー》和創作 太(和食/目黒)|あれもこれもと、美味しいものを食べたい。そんな時にピッタリ!の画像をチェック! navigate_next

和創作 太(最寄駅:目黒駅)

でも何を食べたいのかハッキリしない。そんなんときに来て欲しい」(店主・柴氏)と言うように、上質な旬材がふんだんに使われ、魚あり、肉ありで、ときにフレンチの技法を使ったひと皿が供されることも。たとえば鴨のローストには醤油を使ったソースを絡めて出すなど、「お、その手で来たか!」と惚れ惚れさせられる。私のような健啖家でも、食べ終わる頃には満腹、満足の絶頂。この内容で5940円は驚異のコスパと断言して良い。「常連の方に飽きられないように」とおまかせコースの料理は2週間に1度変わるため、店を出る際に2週間後の予約を入れてしまうことも……。と、この原稿を書いていたらまた行きたくなってしまった。席数16席のみと予約難易度は低くはないが、じっくりと佳酒佳肴を楽しむならココです。

おまかせコース
5500円

コースの後半に出される料理の数々。鴨はスペイン産のものを使用。デザートは他に2種あり、ひとつを選べる

蟹と帆立のご飯

〆のご飯は季節に合わせ内容は様々

焼き胡麻豆富

最初に出される料理で、吉野葛で固めた自家製ゴマ豆腐を香ばしく焼いてある

しめ鯖の棒寿司

前半に出されるひと品。酢加減、炙り加減が絶妙。コースにはこれらのほか「白魚と新筍の卵とじ」「鰤と蕪の甘酢漬け」「鮪の醤油漬けと庄内あさつき」などが出る。夜21時まではコースのみで、以降はアラカルトも

和創作 太

[住所]東京都目黒区上大崎2-26-5 メグロードビル地下1階 [TEL]03-3779-0002 [営業時間]18時~翌1時(土17時~24時) [休日]第1・3月、日 [席]カウンター10席、テーブル2席×3卓 計16席/完全禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅南口から徒歩3分

電話番号 03-3779-0002
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル