MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
赤津加(居酒屋/秋葉原)|ずーっと飲んでいたい!昭和の雰囲気に酔える店

赤津加(居酒屋/秋葉原)|ずーっと飲んでいたい!昭和の雰囲気に酔える店

秋葉原の喧噪を抜け、目指すは粋な黒塀。そこだけ時が止まったかのような昭和の風が吹く店、それが『赤津加』だ。

perm_media 《画像ギャラリー》赤津加(居酒屋/秋葉原)|ずーっと飲んでいたい!昭和の雰囲気に酔える店の画像をチェック! navigate_next

赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

店内に入ると、目の前には使い込まれたコの字型カウンター。明るく穏やかな時代に戻ったようで、心がフッと軽くなる。それが、この酒場を愛する最大の理由だ。 創業は昭和29年。若輩&小心者の私はまだカウンターに座れないけど、常連のオジサマたちを横目で見つつ、燗酒で一献。気付けば時間が経ち、いつの間にかほろ酔い、上機嫌になるのが常である。名物の「鶏もつ煮込み」をはじめ、板長が作る季節のおすすめ料理も罪作りなほど酒に合う。しみじみ、いい酒場だなぁ。

鶏もつ煮込み
820円

ぐつぐつ煮込まれ、熱々で供される。30年以上続く名物料理。具は鶏の皮と肝のほか、豆腐、玉ねぎ、コンニャク

のれそれとつぼみ菜のおひたし
950円

本日のおすすめより。淡泊な旨みののれそれと、ほんのりした苦味が爽やかなつぼみ菜のお浸しは春の味わい

吟醸300ml
1260円

菊正宗の冷酒3種類

生酒300ml
930円

冷酒180ml
580円

赤津加

東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土17時~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・3土 [席]1階カウンター15席、テーブル4席×2卓、6席×3卓、小上がり5~10席、2階座敷20席(コースのみ、要予約) 計66~71席/1階は18時半までに入店する場合のみ予約可/カード不可/禁煙席なし/サなし、お通し代350円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩3分

電話番号 03-3251-2585
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル