MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
心斎橋 カラッと(串カツ/心斎橋)|サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てる

心斎橋 カラッと(串カツ/心斎橋)|サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てる

にぎやかな心斎橋筋商店街を少しそれて、暗い路地裏を入ったところにあるのがこちら。築100年の蔵を改装した店内は趣き深く、大阪一の繁華街にあることを忘れてしまうほど。

perm_media 《画像ギャラリー》心斎橋 カラッと(串カツ/心斎橋)|サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てるの画像をチェック! navigate_next

心斎橋 カラッと(最寄駅:心斎橋駅)

串カツはこてこての大阪串カツとは違い、驚くほど軽い。衣は薄くきめ細やかで、具の間に空気を含み、食感はサックリ。衣も揚げ油もソースも企業秘密というから、余計に興味がそそられる。単品は、牛串86円、うずら140円など良心的で各ポーションも大きめ。アボカド練乳仕立てやスイートポテトなど変わり種にもトライしてほしい。

カラッとセット~極~
2700円

和牛、天使の海老、まぐろ、一級特選クジラ、カニなど豪華な10串に、特製どて焼き付きのセット。ワインやビールもぐいぐいすすむ味

ビール(エクストラコールド)
540円

グラスワイン
756円

ズリと心のガーリックソテー
540円

大山地鶏のズリ(砂肝)と心(ハツ)をガーリックオイルと赤ワインでソテー。柔らかく旨みが弾ける

心斎橋 カラッと

■『心斎橋 カラッと』
[住所]大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-3-23
[TEL]06-6258-2255
[営業時間]17時~翌5時(4時LO)
[休日]無休
[座席]カウンター11席、テーブル4席×5卓、2席×1卓 計33席/全席喫煙/カード可/予約可/サなし
[アクセス]地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線心斎橋駅5番出口から徒歩1分

電話番号 06-6258-2255
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル