MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
福岡出張メシは「柳町一刻堂 春吉店」で決まり!居酒屋越えの料理レベル!魚がとにかく美味!

福岡出張メシは「柳町一刻堂 春吉店」で決まり!居酒屋越えの料理レベル!魚がとにかく美味!

美味しい魚が食べたいなら、訪れてほしいのがここ。店主が県内の漁港や市場などをまわって仕入れた絶品の魚介類が味わえる。柳町一刻堂 春吉店(魚介料理/春吉)

柳町一刻堂 春吉店(最寄駅:南薬院駅)

居酒屋越えの料理レベルで、近海物の魚がとにかく美味!

 特に刺身の盛り合わせは見た目も美しく、色々な魚介を少しずつ、という要望にも応えてくれるのがありがたい。炙ったり、〆たりして引き出された魚の旨さは感動モノだ。だが、オススメは魚介に留まらないのがこの店の魅力。メニューには肉料理や野菜料理の他、もつ鍋、水炊き、アラ鍋など博多名物の鍋も勢揃い。もつ鍋以外は1人前から注文できるのも嬉しい。日本酒や焼酎も多彩に揃っているので楽しみが尽きない名店だ。

刺身盛合せ(写真は9点盛り2人前)、(奥)ごま鯖、日本酒(万齢)
3000円、1250円、1合900円

炙ったアラ(クエ)、鯨のウネなど。奥はゴマ鯖

いかしゅうまい
650円

九州では定番のイカしゅうまい。揚げダシで頂けば、皮にダシがしみて、イカの風味もしっかり

もつ鍋(写真は2人前)
2400円

もつ鍋は味噌か醤油の2種類から選べる。写真は醤油で、昆布やカツオダシの昔ながらのスープが味わえる

柳町一刻堂 春吉店

■『柳町一刻堂 春吉店』
[住所]福岡県福岡市中央区春吉3-15-30
[TEL]092-725-2215
[営業時間]18時~翌2時(翌1時半LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター10席、個室テーブル4席×7卓、6席×2卓 計50席/完全分煙(禁煙席・喫煙席あり)/カード可/予約可/お通し代500円別
[アクセス]地下鉄七隈線南薬院駅から徒歩7分

電話番号 092-725-2215
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
「海が育てたものが旨いんだからさ」、そう言って天然ものにこだわるご主人の気風のよさが心地いい。プリプリの大きなエビがポンとのり、見るからに新鮮、ピカピカの魚介が並ぶちらしは、いいんかい? ってくらい上等だ。
サバジェンヌ的に、なんだか足りてないなあ、と思うジャンルがあった。 それは「サバチャイニーズ」。 中国ではサバを食べるにも関わらず……残念だなあと思っていたジェンヌのもとに、ビッグニュースが届いた。 「『サバの焼売』を提供している店があるらしい」 キャー!! 喜び勇んで向かったのは「Tokyo焼売マニア」。 なんと焼売の専門店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt