MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
クラブハウス エニ|タラバガニ×オマールエビ。鮮烈な掛け算が見事!(シーフード/中目黒)

クラブハウス エニ|タラバガニ×オマールエビ。鮮烈な掛け算が見事!(シーフード/中目黒)

「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、中目黒の「クラブハウスエニ (Crab House Eni)」のメニューの主軸は、カニとエビ。「シーフードを日常的に、気軽に楽しめる店を作りたい」と、オーナーが3年前に開店した。[交]東急東横線、地下鉄日比谷線中目黒駅正面出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》クラブハウス エニ|タラバガニ×オマールエビ。鮮烈な掛け算が見事!(シーフード/中目黒)の画像をチェック! navigate_next

クラブハウス エニ(最寄駅:中目黒駅)

品書きには、釜ゆでタラバガニもあれば、ソフトシェルクラブのフリット、ズワイガニの身とミソをたっぷり使ったパスタまであり、実にバラエティ豊か。イチ押しは、タラバガニとオマールエビを使い、それぞれの殻からとるダシで仕立てたブイヤベース。〆のリゾットまで、贅沢な味わいが楽しめる。

海老カニ合戦
3020円

タラバガニの瓜と脚肉とオマールエビ1尾を贅沢に使用。旨みたっぷりのスープが胃に染みわたる。〆にはプラス540円でリゾットにできる

タラバガニのカニミソマヨネーズ焼き
2050円

香ばしく焼き上げた脚肉と肩肉はプリッと弾力のある食べ応え。カニミソとマヨネーズにほんの少し唐辛子のアクセントを加えた甘辛い味付けがクセになる

ズワイガニのカニミソクリームパスタ
1670円

モチモチとした生パスタに絡むのは、ズワイガニの身と濃厚なソース。玉ねぎの甘みとバターのコクの中にもカニミソの深い味わいが際立つ

ズワイガニとエビとキュウリのイクラがけ~土佐酢ジュレ~
910円

ボイルしたカニのほぐし身と車エビにキュウリを添えて。土佐酢でさっぱりとまとめ、イクラを散らした前菜

クラブハウス エニ

■『クラブハウス エニ』
[住所]東京都目黒区上目黒1-12-15
[TEL]03-5428-8238
[営業時間]11時半~15時、18時~翌1時、土・日・祝11時半~翌1時
[休]無休
[座席]カウンター7席、テーブル2席×5卓、4席×4卓、個室1室(4席×1卓、6席×1卓)、テラス2席×1卓、4席×1卓 計49席/テラスのみ喫煙可/予約可/夜のみカード可/サなし
[アクセス]東急東横線、地下鉄日比谷線中目黒駅正面出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5428-8238
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル