MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[酒肆一村] レモンサワーのグルメ記事と写真(居酒屋/門前仲町)

[酒肆一村] レモンサワーのグルメ記事と写真(居酒屋/門前仲町)

[酒肆一村(しゅし いっそん)]のグルメ記事と写真のページ。「酒亭 沿露目」の大野さんが2店目に出したこの店は、レモンサワーが看板酒。“名代”と名のつく基本形に、塩・甘・辛・苦の5種類が揃い、それぞれに味の緻密な計算がなされている。[交通アクセス]地下鉄東西線・都営大江戸線門前仲町駅6番出口から徒歩1分

酒肆一村(最寄駅:門前仲町駅)

5種類のレモンサワーで味覚の遊びを愉しむ

搾りたてのレモン果汁を共通として、ふたつのジンを使い分け、酒粕塩や柚子胡椒ソース、薬草リキュールといったフレーバーをプラス。最後に注ぐ炭酸とレモンピールによって、ひと口目の爽快さを演出しながらも、飲み進めれば次第に味が濃くなっていくという巧みな仕掛けが潜む。なぜ5種もの味を作ったのかを伺うと、「“どんな味かな?”と集中しながら飲むのって面白いじゃないですか。それはお酒の遊びのひとつだと思うんです」と大野さん。レモンサワーのさらなる愉しみがこの店にある。

甘味レモンサワー
864円

“甘味”はヘイマンズ・オールド・トム・ジンに粉糖やアンゴスチュラビターズ(薬草酒)を加えた甘やかな風味

辛味レモンサワー
864円

“辛味”は柚子胡椒ソースのぴりっと爽快な辛味

苦味レモンサワー
972円

“苦味”はウンダーベルグ(ドイツの薬草酒)の独特な香りと苦みが口いっぱいに広がる

玉子サンド
756円

「フライのイメージで作った」(大野さん)というだけあって、サクッと香ばしいパンからジュワッと具が溢れ出る食感は、まさにフライのよう

クジラ竜田揚げ
918円

醤油ダレに漬けて揚げたクジラ肉は濃厚でコクのある味わい

酒肆一村の店舗情報

■酒肆一村
[住所]東京都江東区深川2-1-2 深川岡野ビル2階
[TEL]03-5875-9963
[営業時間]18時~翌1時 [休日]日(月は不定休)
[座席]カウンター12席、テーブル4席×1卓、2席×2卓、計20席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し代648円
[アクセス]地下鉄東西線・都営大江戸線門前仲町駅6番出口から徒歩1分

電話番号 03-5875-9963
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
ぷりっとした西京焼きに、芳しきイワシの燻製、その他肝入りのイカ丸干し、鮭ハラスなど備長炭で焼き上げられる炙り系が多数揃う。鶏肉にも自信あり。
老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt