MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(34) 本当は教えたくない吉祥寺の隠れ家カフェはここ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(34) 本当は教えたくない吉祥寺の隠れ家カフェはここ、の件

吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな私である。だってすごいストレスフルなんだもん。オシャレがストレス(笑)。それがおっさん女子だ!  しかし、そんな私にもお気に入りのカフェがある。正直、おっさん女子の独断で、吉祥寺で5本の指に入るカフェだと思っている『●の●』について、今回は語ろうと思う……。

本当は教えたくない吉祥寺の隠れ家カフェはここ、の件


吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな私である。

だってすごいストレスフルなんだもん。

オシャレがストレス(笑)。

それがおっさん女子だ! 

しかし、そんな私にもお気に入りのカフェがあるんですよ……。

正直、おっさん女子の独断で吉祥寺で5本の指に入るカフェだと思っている『●の●』。

もはやイニシャルすらも出したくないが、わかる人にはわかるだろう。

わからない人はわからなくていいです(笑)。

●に入るのはどちらも漢字よ。

五日市街道沿いね……。

イラスト/スタジヲワンツー


ここは、女性店主がひとりでやっている小さなカフェなんだけど、お店の雰囲気がアンティークっていうか、すごくセンスがよくて、シンプル空間なんですよ。

余計なものがないっていうか。お店全体が明るい雰囲気のグレーっていうか、スモーキーっていうんでしょうか……。

落ち着いているんですよ、非常に。

ちょっと肌寒い今の時期なんか、お店の雰囲気とマッチしていい感じ。

そしてその女性店主が、その空間の一部のような佇まいなんですよ、はい。

今回は原稿がちょっとリリカルですね……。

おっさん女子だけどリリカル……(苦笑)。


お客さんの年齢層も、ちょっと高めかな。

ちなみに、老若男女まんべんなくいます。

そこも相当ポイントが高い。

赤ちゃんを抱っこしたママさんも時折見かけますが、集団ではなく、単独行動で静かにお茶を飲んでいる感じ。

そして当然、カップルもいるんだけど、大人な男女が多いなぁ、と思う。

比較的テンション低めの男女2人連れという風情(笑)でも、そこがいい(苦笑)。

12〜13席くらいのカフェですが、満席になっても店がけっこう静か……。

こんなカフェは、吉祥寺には他にない気がする。

おしゃべりしている人がいても静か。

おそらくそれぞれの会話の音量が適切なんだと思います。

これ大事! 

完璧なプレートランチ(特に「スパイスプレート」)が、とにかくココのオススメ!!


ここはプレートのランチ&ブランチがあるんだけど、これがね、完璧なんですよ。

私は、ここのスパイスプレートが大好きだ! 

カレー(煮込み料理的なもの)+ジャスミンライス+野菜のマリネ+葉物+サラダ+果物+αっていう基本構成がワンプレートに盛り付けられているんだけど、はっきり言って、全部混ぜて食べてもOK。

果物とカレーが混ざってもOK。

もちろん混ぜなくてもOK。

いずれしても美味しいです。

カフェご飯にありがちな、オシャレにちょっとづつ、キレイに盛り付けました! 

インスタ映えもバッチリ! 

若い娘さん大喜び! 

……みたいなコンセプトのプレートごはんじゃないの。

まったくの別物。


ちょっと南インドカレーのミールスに似ている(連載第3回参照)。

繊細かつ大胆、という雰囲気のプレートです。

しかも、静かにパンチがある味付けで美味しい。

プレートの内容は週替わりなので、週1回は食べておきたい。

スパイスプレートの他にも野菜プレートがあって、こちらもおすすめ。

ちなみにプレートには野菜ジュースがつくんだけど、これも濃厚で実はワイルド。


しかもですね、空間の一部のような佇まいの女性店主ですけど、動きにムダがなく美しい。

そして、おそらく本人の中で確立していると思われる動線で、コンパクトな店の中を流れるように動くんですよ。

しかも動作がとっても静か~。

あのぉ~、今までの人生で焦ったり、慌てたりしたことってありますか? と聞いてみたい感じ(笑)。

常連さんも多そうだけど、帰りがけに店主に一言二言話しかけて、店を出るっていう感じ。

お客さんとも非常にいい距離感です。

16時ラストオーダーで、営業時間がけっこう短いんだけど、全然OK! 

まあ、おっさん女子風情に、こんなにほめられても、なんかアレだけどさー(苦笑)。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3145views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt