MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(3) 吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(3) 吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

 吉祥寺のカレー事情といえば、喫茶店のオリジナルカレーが断然人気。カレーの美味しい喫茶店の『まめ蔵』や『茶房 武蔵野文庫』『くぐつ草』は、土日はどうかと思う混み具合である。一方、インド系カレー店は今ひとつ……

おっさん女子には、吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

イラスト/スタジヲワンツー

 吉祥寺のカレー事情といえば、喫茶店のオリジナルカレーが断然人気。カレーの美味しい喫茶店の『まめ蔵』や『茶房 武蔵野文庫』『くぐつ草』は、土日はどうかと思う混み具合である。一方、インド系カレー店は今ひとつ(すまん、関係各所の方)。

 そして巷の流行は南インドカレーである。超ざっくり言うと、ナンで食べるのは北インドカレー、ライスで食べるのが南インドカレー。えーっと、ザックリしすぎか……。しかし、さらにザックリを加速させると、北濃厚、南あっさり。ちなみに、みんな大好きバターチキンカレーは北インドね。
 南インドカレーにはミールスというカレー定食的なものがあって、これが超楽しい。小皿に盛りつけられたカレーが数種類+スープ+副菜+漬け物+せんべい+ライス+その他というのが基本構成。『スープ』とか『せんべい』とかは、南インド料理を超訳ね。ミールスは1種類ずつカレーを味わってもいいけど、醍醐味は全部混ぜちゃう!ってとこ。カレーもライスも副菜も漬け物もせんべいも思いっきり混ぜるぜ! この混沌が南インドカレーだ! 混ぜると不思議とテンションあがるのはなぜだろう……。

 吉祥寺には、南インドカレーの店はたった1軒。吉祥寺駅北口から徒歩15分、女子大通り沿いの『 I 』のみである。『 I 』は、木・金・土・日のランチ営業のみという形態で営業している。私は都合3回トライしているが、実は未踏の地である。地元なのに何やってるんだ! 悔しいぞ! 食べたい! 1回目は13時ぐらいの訪問だったがなんと売り切れ。2回目&3回目は開店時間12時ジャストに突撃するも臨時休業であった(店主の都合らしい)。

 悲嘆に暮れた私は3回とも『 I 』を後にし、西荻窪駅前まで(たぶん20分くらい)歩き、『O食堂』で南インドカレーを食べたのであった。しかし『O食堂』は人気店&行列店。運動(西荻まで歩いた)の後の休息(行列に並んだ)からの南インドカレーは、大変美味しゅうございました。ちなみに『O食堂』は、食べ放題&取り放題のアチャール(超訳:漬け物)はパンチが効いていて好きだ。これだけでごはん3杯くらいいけそう。

 ちなみに『 I 』が売り切れで、私と一緒にヤケクソで西荻窪まで歩いた知人女子は、デザイナー兼占い師兼カレーを作る人。このmaruさんという職業的にも混沌とした女子が、毎月第4日曜日@やどかり状態で『まるごと食洞』というカレーのお店を営業中。南インドカレーを中心に、北インドやネパールカレーもあるよ。個人的ベスト3は、ポークヴィンタルー(超訳:ゴア名物マリネした酸味のある豚カレー)、ケララフィッシュ(超訳:ケララ洲のブリカレー)、ブロウン・マラバール(超訳:ケララ洲マラバール地方の海老カレー)。すべて南インドカレーで美味。ちなみに6月は蟹カレー(超訳:インド西海岸の渡り蟹カレー)だったが、なんと人気のため18時前にカレーが売り切れ「すみません、カレーがないです」とカレー屋で言われ、店先で多数のお客さんが呆然&立ち去る、という不条理コントみたいな出来事が……。でも、この混沌が南インドだ(キッパリ)。




まるごと食洞
月1で第4日曜日に鹿児島の食材やお酒のお店、吉祥寺『ねりやかなや』でやどかり営業中。ちなみに営業日には占いコーナーもある混沌としたカレー屋。カレー売り切れなど、ありえないことが起こりますが、ここがインドだと思うさして腹が立ちません。営業日が変則的だったりもするので、HPで確認のうえご来店ください。シャレのわかる人に特におすすめ。8月は都合によりお休みです。
https://ameblo.jp/goldenhumor/




天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt