MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(3) 吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(3) 吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

 吉祥寺のカレー事情といえば、喫茶店のオリジナルカレーが断然人気。カレーの美味しい喫茶店の『まめ蔵』や『茶房 武蔵野文庫』『くぐつ草』は、土日はどうかと思う混み具合である。一方、インド系カレー店は今ひとつ……

おっさん女子には、吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

イラスト/スタジヲワンツー

 吉祥寺のカレー事情といえば、喫茶店のオリジナルカレーが断然人気。カレーの美味しい喫茶店の『まめ蔵』や『茶房 武蔵野文庫』『くぐつ草』は、土日はどうかと思う混み具合である。一方、インド系カレー店は今ひとつ(すまん、関係各所の方)。

 そして巷の流行は南インドカレーである。超ざっくり言うと、ナンで食べるのは北インドカレー、ライスで食べるのが南インドカレー。えーっと、ザックリしすぎか……。しかし、さらにザックリを加速させると、北濃厚、南あっさり。ちなみに、みんな大好きバターチキンカレーは北インドね。
 南インドカレーにはミールスというカレー定食的なものがあって、これが超楽しい。小皿に盛りつけられたカレーが数種類+スープ+副菜+漬け物+せんべい+ライス+その他というのが基本構成。『スープ』とか『せんべい』とかは、南インド料理を超訳ね。ミールスは1種類ずつカレーを味わってもいいけど、醍醐味は全部混ぜちゃう!ってとこ。カレーもライスも副菜も漬け物もせんべいも思いっきり混ぜるぜ! この混沌が南インドカレーだ! 混ぜると不思議とテンションあがるのはなぜだろう……。

 吉祥寺には、南インドカレーの店はたった1軒。吉祥寺駅北口から徒歩15分、女子大通り沿いの『 I 』のみである。『 I 』は、木・金・土・日のランチ営業のみという形態で営業している。私は都合3回トライしているが、実は未踏の地である。地元なのに何やってるんだ! 悔しいぞ! 食べたい! 1回目は13時ぐらいの訪問だったがなんと売り切れ。2回目&3回目は開店時間12時ジャストに突撃するも臨時休業であった(店主の都合らしい)。

 悲嘆に暮れた私は3回とも『 I 』を後にし、西荻窪駅前まで(たぶん20分くらい)歩き、『O食堂』で南インドカレーを食べたのであった。しかし『O食堂』は人気店&行列店。運動(西荻まで歩いた)の後の休息(行列に並んだ)からの南インドカレーは、大変美味しゅうございました。ちなみに『O食堂』は、食べ放題&取り放題のアチャール(超訳:漬け物)はパンチが効いていて好きだ。これだけでごはん3杯くらいいけそう。

 ちなみに『 I 』が売り切れで、私と一緒にヤケクソで西荻窪まで歩いた知人女子は、デザイナー兼占い師兼カレーを作る人。このmaruさんという職業的にも混沌とした女子が、毎月第4日曜日@やどかり状態で『まるごと食洞』というカレーのお店を営業中。南インドカレーを中心に、北インドやネパールカレーもあるよ。個人的ベスト3は、ポークヴィンタルー(超訳:ゴア名物マリネした酸味のある豚カレー)、ケララフィッシュ(超訳:ケララ洲のブリカレー)、ブロウン・マラバール(超訳:ケララ洲マラバール地方の海老カレー)。すべて南インドカレーで美味。ちなみに6月は蟹カレー(超訳:インド西海岸の渡り蟹カレー)だったが、なんと人気のため18時前にカレーが売り切れ「すみません、カレーがないです」とカレー屋で言われ、店先で多数のお客さんが呆然&立ち去る、という不条理コントみたいな出来事が……。でも、この混沌が南インドだ(キッパリ)。




まるごと食洞
月1で第4日曜日に鹿児島の食材やお酒のお店、吉祥寺『ねりやかなや』でやどかり営業中。ちなみに営業日には占いコーナーもある混沌としたカレー屋。カレー売り切れなど、ありえないことが起こりますが、ここがインドだと思うさして腹が立ちません。営業日が変則的だったりもするので、HPで確認のうえご来店ください。シャレのわかる人に特におすすめ。8月は都合によりお休みです。
https://ameblo.jp/goldenhumor/




天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7071views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt