MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(35) 吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(35) 吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件

吉祥寺に人が多すぎる土日祝。 吉祥寺中心部には行かずに、家でおとなしくしているのが得策なのだが……。しかしせっかくの休みなんだし、ちょっと外でゴハンが食べたいよな~、と思ったとき、さて地元民はどうするのか……? 

吉祥寺地元民の日曜日カレーは『ブルーバード』だ! の件


吉祥寺に人が多すぎる土日祝。

吉祥寺中心部には行かずに、家でおとなしくしているのが得策なのだが……。

しかし、せっかくの休みなんだし、ちょっと外でゴハンが食べたいよな~、と思ったとき、さて地元民はどうするのか……? 


連載32回で紹介した『G』は、穴場中の穴場ですが、こんな場所はそうそう存在しません。

はい、ここで正解を発表します! 

吉祥寺の外れ、及び西荻窪&三鷹に避難する。

もうこれしかありません! 

住んでいる地域によって、西荻サイドor三鷹サイドをチョイス、という感じだと思いますが、もはやそうでもしないと、人混みに疲れてしまう……。

ごはん難民になってしまう……。

いらぬストレスを溜めてしまう……。

それが吉祥寺です。


イラスト/スタジヲワンツー


今回は、三鷹サイドに避難する方法を伝授しましょう。

吉祥寺駅付近から井の頭通りを三鷹方面にずんずん歩いて20分くらいでしょうか? 

横河電機本社の近くにカフェ風のカレー屋さん『ブルーバード』があるのです。

テーブル席4×3席、カウンター10席くらい、といった店内構成。

主に店主+曜日によってお手伝いの方で切り盛りされております。

ちなみにお客さんですが、どこをどう見ても地元民で構成されています。

休日は、身軽な服装のおひとり様男子 & すっぴん女子(私です)。

そして、休日出勤ですか? というスーツの方。

家族連れも多いのでキッズカレーというメニューもあります。

そう、私が愛してやまない老若男女がバランスよく来店するお店なのです。

また、グルメ雑誌にも掲載されたりしているようなので、わざわざ足を運ぶカレー大好きな人も多い模様。

たぶん、わざわざ来た人は「こんな店が自分の家の近くにあったら、毎日でも通うのに!」と思うはずなのですが、私の家の近くにはあるわよ、ふふん(鼻息)、という地元民のイヤーな優越感を丸出しにさせる店……(笑)。

『ブルーバード』は、土曜定休なので、私は日曜日に出没率が高いのですが、ここに来るとなぜか頭の中を、歌のお兄さん田中星児さんの『ビューティフルサンデー』がこだまします(笑)。


つまりウキウキしちゃうわけなんだよね。


ぜひとも、「黄金のカレーローテーション」にチャレンジすべし!!


カレーは、鶏、豚、牛がバランスよくラインナップ。

チキンカレー、ビーフカレー、ドライカレー、ポークカツカレー(17時以降)。

さらに、ガパオ炒めライスもあるよ。

ちなみに私は、好きな店では常に同じものを頼んでしまう癖があるんですが、ここは順番に、まんべんなくローテーション。

カレーは、マイルドな辛さのオリジナルテイストです。

超大雑把に言うと、エスニック風かもしれないが……。

おっさん女子は、ここのドライカレーが大好き。

どっちかというとキーマカレーテイストです。

目玉焼きorゆで卵のトッピングが選べますが、私はゆで卵派だ。

そして、実はですね、すべてのメニューにセットになっているフライドポテト&サラダが美味しいです。

フライドポテトは、あーこれを山盛りにしてビールのつまみで食いたい……、といつも思う。

しかし、ちょっと食べるからいいのだ! と毎回自分に言い聞かせている。

さらに、サラダはすりおろしたニンジンのペーストがかかっていて、クルトン的なカリッと美味しい何かが入っています。

ドレッシングも美味しいよ。

あと福神漬け&自家製ピクルス取り放題ね! 

そして、エスニック系調味料も用意されているので、辛さが足りないと思ったら自己責任で足しましょう。

ちなみにガパオ炒めライスを食べる場合は、トッピングは目玉焼き&チリソースを多めにかけるのがお気に入りのおっさん女子だ。

コーヒー&自家製デザートもあるよ! 

美味しいよ! 

美味しい、美味しいって、しつこいけど(笑)。

Blue Bird
[住所]東京都武蔵野市中町2-16-1 武蔵野サマリヤマンション101
[営業時間]11:00~21:00
[定休日]土曜
チキンカレー、グリーンカレー、 ドライカレー(半熟卵 or ゆで卵 付)、 ガパオ炒めライス (半熟卵 or ゆで卵)各850円、ビーフカレー 900円、キッズカレーセット 550円など。
https://www.bluebird70.com/

「おひとり様上等!」の優しさこそ、おっさん女子がヒイキにする理由か!?


あとねー、たとえおひとり様でも「どこでもどうぞ~。お好きな席にどうぞ~」と店主が優しく言ってくれるのが、実はウレシイ。

おひとり様を自動的にカウンターに案内する店も多いけど、ブルーバードはおひとり様に手厚い店なのだ。

でもねー、カウンター用のイスは、お尻にフィットするいい塩梅のフォルムをしているんですよ。

だから、実はカウンターでもOKなんだけどね(笑)。

ぜひとも、多くの人に1回、カウンターの椅子に座っていただきたい! 

すごく楽な姿勢で食べることができます(笑)。

そして『ブルーバート』からさらに井の頭通りを三鷹サイドに少し歩いていくと、横河電機のグラウンドがあって、その横に遊歩道(通りぬけられる時間が制限)があるんだけど、ここの桜がすごくきれい。

練習中のサッカーをぼんやり見ても楽しい(見ている人がけっこういる)。

この時期の吉祥寺の中心部&井の頭公園はカオスなので、『ブルーバート』でカレー、遊歩道でお花見&散歩コースを推奨。


これがまさに地元民のお花見だよね。




天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
本格的に暑くなってきて、冷たいスイーツの季節がやってきましたな。 で今回は、王道のソフトクリームだ! 吉祥寺には、ソフトクリームをテイクアウトできる店が山のようにあります。しかし、私が今回推したいのは、東急吉祥寺デパートです。やっぱアイスクリームはデパートだよ。昭和で素朴な味が好きなおっさん女子だよ……。
以前、仕事で会った中年男性が、ムダに肌が超プリプリ……(笑)。思わず「肌がキレイですね」と言ったら、「女性によく言われます。毎日、肉を食べるといいですよ(キッパリ)」と返されました」(苦笑)。やっぱ肉か……。 体力も気力もお肌の調子も落ちてくる夏。ここで肉を食べておいたほうがいいと切実に感じていたおっさん女子が、今回は吉祥寺でおすすめの「肉のお店」を紹介しようと思います。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt