MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「豚バラを世界に」というコンセプト|BUTABARA TO THE WORLD(串焼き/大名)

「豚バラを世界に」というコンセプト|BUTABARA TO THE WORLD(串焼き/大名)

海外でも店舗展開する名店『焼とりの八兵衛』が「豚バラを世界に」というコンセプトで、2015年9月に福岡、大名にオープンした新業態。屋台のような感覚で、若い世代にも入りやすい店づくりだ。

BUTABARA TO THE WORLD(最寄駅:赤坂駅)

豚バラを世界に!!豚バラの多彩なバリエーションが楽しすぎる!

博多の豚バラは圧倒的に塩焼きが多いが、ここでは塩のほか、味噌焼き、タレ焼きがある。小ぶりなので、3本食べ比べても軽い。味噌に漬け込んだ豚バラは、コクがあって、焦げ目がなんとも芳ばしい。さらに、豚バラ串を揚げ、卵でとじるなど、いろいろなアレンジでも味わえる。

豚バラ3種左から、タレ、塩、ミソ
1本各140円

オススメしたい豚バラの食べ比べ

串カツの卵とじ
626円

豚バラはカツや天ぷら、卵とじでも。

えんどう豆の串揚げ
1本248円

万ネギ豚巻き、レタス豚巻き
280円、280円

野菜のシャキシャキ感まで味わえる豚巻き

シャリシャリ酎ハイプレミアムレモンサワー
626円

BUTABARA TO THE WORLD

■『BUTABARA TO THE WORLD』
[住所]福岡県福岡市中央区大名1-10-16RAGAZZ A大名1階
[TEL]092-753-6099
[営業時間]18時~翌1時(24時半LO)
[休日]月曜日
[座席]カウンター20席、テラス席カウンター11席、テーブル4席×2卓 計39席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ216円(席料、キャベツ)
[アクセス]地下鉄空港線赤坂駅5番出口から徒歩6分

電話番号 092-753-6099
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル