MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
代々木公園で絶品サンドを求めて毎日行列ができるお店|CAMELBACK(サンドイッチ/代々木公園)

代々木公園で絶品サンドを求めて毎日行列ができるお店|CAMELBACK(サンドイッチ/代々木公園)

寿司職人として修業した成瀬さんとバリスタの鈴木さんがオープンさせたサンドイッチとコーヒーの店。5.5坪の小さな店から生み出される絶品サンドを求めて毎日行列ができる。

CAMELBACK sandwich&espresso(最寄駅:代々木公園駅)

職人技が光る繊細な卵焼き

ここの人気商品のひとつが「すしやの玉子サンド」。使う卵は、知り合いの卵商から仕入れた良質なもの。これにマグロ節から取ったダシや塩、みりんなどを加え、銅の卵焼き器で片時も手を止めず一気にダシ巻きを焼いていく。これを「カタネベーカリー」のコッペパンでサンドすれば完成だ。甘めの卵焼きとパンに薄く塗られた和がらしのコントラストが絶妙で一瞬で平らげてしまうはず。また、注文を受けてから豆を挽いて淹れるエスプレッソは、深みがあるのに後味スッキリ、サンドイッチのお供にぜひとも試したい一品だ。

すしやの玉子サンド
380円

少しの焦げ目も無いダシ巻きの姿は感動もの。毎日54個販売するが、夕方には売り切れとなる

パルマ産生ハムと大葉、ゆずとバターの香り
700円

ユズ皮・大葉の風味と生ハムの相性の良さに驚かされる。バゲットも香ばしく美味

左からスーパーキャメルブラック-エクスクルーシブ-、アイスラテ
556円、500円

約50gの豆(オリジナルブレンド)を使用したエスプレッソを湯で割ったオールブラックと定番ラテ

CAMELBACK sandwich&espresso

東京都渋谷区神山町42-2 1階 [TEL]03-6407-0069 [営業時間]10時~19時 ※ランチタイム有  [休日]月(祝日の場合は営業、翌火休)/イートインスペースなし/カード不可 [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅2番出口から徒歩7分

電話番号 03-6407-0069
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt