MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鳥徳(焼き鳥/茅場町)|これぞサラリーマンの聖地、風情あふれる老舗の名酒場

鳥徳(焼き鳥/茅場町)|これぞサラリーマンの聖地、風情あふれる老舗の名酒場

鳥徳 (とりとく)は明治時代後期に茅場町で創業。割り下で味わう名物「鳥鍋」などの鳥料理を中心に、代々受け継ぐ老舗の味を今に伝えている。50年来の常連も多く、老いも若きも楽し気に集う古き良き名店だ。[交]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅2番出口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》鳥徳(焼き鳥/茅場町)|これぞサラリーマンの聖地、風情あふれる老舗の名酒場の画像をチェック! navigate_next

茅場町鳥徳(最寄駅:茅場町駅)

約20種ある串焼きの中でも、特に人気を集めるのがオリジナルの「もつ」だ。ひと串に正肉、砂肝、レバー、ぼんじりの4種の部位を打ち、秘伝のタレで仕上げた逸品。頬張ればそれぞれの味の個性や食感の違いが楽しめて1本で4度美味しい。ほかにもつくねはふっくら焼き上がるよう挽き肉の配合や焼き方を工夫するなど秀逸の串がズラリ。「昔からの基本の味は守りつつ、より美味しさを追求して進化させています」と、4代目の鍋島孝太郎さんは自信を見せる。
店は趣ある一軒家で、1階は気軽なテーブル席、2階は大人数でも対応可能な座敷席。

つくね
200円

タレはサラリとした薄めと仕上げ用の濃いめの2種を使い分ける。塩は沖縄の海水塩を煎ってすり潰したものを使う

もつ
200円

レバー
200円

ねぎま
200円

200円

砂肝
200円

ヒナ
200円

合がも
250円

野菜はさみ焼き
250円

手羽
250円

手羽の唐揚げ
850円

醤油と味醂で甘めの下味を付けた手羽に、小麦粉と片栗粉を練って粘り気を出した衣を付けて揚げる。サックリとした衣とジューシーな肉のバランスが絶品だ

鳥鍋玉子入り
900円

モモ肉とレバーが入った1人用の鳥鍋。すき焼き風の味付け

茅場町鳥徳

■茅場町鳥徳
[住所]東京都中央区日本橋茅場町2-5-6
[TEL]03-3666-4692
[営業時間]11時~13時半、17時~22時(21時15分LO)
[休日]土・日・祝
[座席]1階カウンター6席、テーブル20席、2階座敷120席、計146席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか茅場町駅2番出口から徒歩1分

電話番号 03-3666-4692
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル