MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】京都の名喫茶「マドラグ」の東京神楽坂店。|LA MADRAGUE(カフェ/神楽坂)

【閉店】京都の名喫茶「マドラグ」の東京神楽坂店。|LA MADRAGUE(カフェ/神楽坂)

神楽坂エリアのカフェ「マドラグ」のおすすめサンドイッチのグルメ取材記事と写真のページ。京都の名喫茶「マドラグ」の東京進出店。オーナーがスタッフに直接指導したため、本店と同じ製法・味わいのサンドイッチを楽しめる。

【閉店】LA MADRAGUE(最寄駅:神楽坂駅)

厚みは10cm、卵4個分の大ボリューム!

ダシ巻きの材料は、卵、昆布ダシ、牛乳、塩といたってシンプル。とろとろに焼いた卵を、特製のマスタードソースとケチャップソースを片面ずつ塗ったパンと重ね、時間をおいてなじませると完成する。かじりつくのも難しいくらいの厚みだが、キメ細かいパンと濃厚なダシ巻きの味に思わず頬が緩むだろう。

コロナの玉子サンド
850円

パンは、大阪「オリエンタルベーカリー」製。ダシの利いた卵と絡み合う。テイクアウトは1日10食限定

マドラグサンド
750円

目玉焼きとレタスのホットサンド。ケチャップやマスタードが利いている

【閉店】LA MADRAGUE(マドラグ)の店舗情報

東京都新宿区矢来町67 ラカグ1階 [TEL]03-5579-2130 [営業時間]11時~20時半(20時LO) ※ランチタイム有  [休日]不定休(ラカグに準ずる) [席]テーブル2席×13卓、4席×5卓、ソファ6席×1卓 計52席/予約不可/カード可/全席禁煙席/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅 2番出口(矢来口)から徒歩1分

電話番号 03-5579-2130
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ポルトガルの修道院発祥の伝統菓子はパイ生地と卵黄クリームが絶妙。人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』が展開するエッグタルトの店「ナタ・デ・クリスチアノ」。国産小麦使用のパイとこだわりの玉子を使ったクリームは「現地のものよりも美味」と店主が胸を張る。クリスチアノの惣菜も販売している。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt