MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
スエヒロガリ|焼き手の技術の高さを実感する串の数々(焼き鳥/中目黒)

スエヒロガリ|焼き手の技術の高さを実感する串の数々(焼き鳥/中目黒)

“ワインと楽しむ焼き鳥”をコンセプトに掲げ、2015年4月にオープンしたばかりの新店。炭の前に立つのは、ミシュランガイドにも掲載された目黒のとある名店で、10年以上にもわたって焼き手を務めた、料理長の江澤明彦さんだ。スエヒロガリ[交]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》スエヒロガリ|焼き手の技術の高さを実感する串の数々(焼き鳥/中目黒)の画像をチェック! navigate_next

スエヒロガリ(最寄駅:中目黒駅)

レバーやハツなどの内臓系は、鮮度が自慢の「大山どり」、モモや手羽先は、脂の甘みあふれる「信玄どり」と、部位ごとに2種類を使い分けている。「手八鳥コース」では、皮のパリッとした食感がたまらない「皮つきモモ」や、旨みが凝縮した「レバー」など、高い焼きの技術によって素材の味を引き出された多彩な串を堪能できる。 コースの最後に供される、焼き鳥のタレで焼き上げる団子もひそかな人気で、お土産(8本入り960円)にテイクアウトしていく客も多い。

手八鳥コース※内容はその日の仕入れによって変更する
2300円

柚子胡椒をそえたササミ、手羽先は中にウズラの玉子を仕込んでいる

名物焼鳥屋のテリーヌ
780円

砂肝やナンコツなどを加えることで食感に変化を与える

小ぶりなオムライスとモツ煮の合盛り
590円

秘伝のソースで煮込んだ牛モツを小さなオムライスにかけて食す

スエヒロガリ

■スエヒロガリ
[住所]東京都目黒区上目黒3-6-4
[TEL]03-6712-2233
[営業時間]17時~24時(コースは22時半LO、単品は23時LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター7席、8席×1卓 計15席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、チャージ料500円別
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札口から徒歩1分

電話番号 03-6712-2233
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル