MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
いぐち No.10|焼き鳥屋の概念を打ち破る大人の時間に酔いしれる(焼き鳥/麻布十番)

いぐち No.10|焼き鳥屋の概念を打ち破る大人の時間に酔いしれる(焼き鳥/麻布十番)

看板のない店構えはまさに隠れ家と呼ぶのにふさわしい。扉の向こうに現れるカウンター席は高級寿司店を思わせる凛とした白木の一枚板。きっちりと和食の白衣を着た焼き手が檜の木箱から串を取り出し、華麗な手さばきで焼いてくれる。井口勝広さんが手掛ける「中目黒いぐち」の3号店。いぐち No.1[交]都営大江戸線ほか麻布十番駅7番出口

perm_media 《画像ギャラリー》いぐち No.10|焼き鳥屋の概念を打ち破る大人の時間に酔いしれる(焼き鳥/麻布十番)の画像をチェック! navigate_next

いぐち No.10(最寄駅:麻布十番駅)

 看板のない店構えはまさに隠れ家と呼ぶのにふさわしい。扉の向こうに現れるカウンター席は高級寿司店を思わせる凛とした白木の一枚板。きっちりと和食の白衣を着た焼き手が檜の木箱から串を取り出し、華麗な手さばきで焼いてくれる。そんな斬新なスタイルで串焼きを味わえるのは、都内の焼き鳥店で経験を積んだ井口勝広さんが手掛ける「中目黒いぐち」の3号店。昨年11月にオープンした。 串メニューは計23品からなるおまかせコースのみ。フォアグラのコロッケに始まり、ささみなど定番の焼き鳥のほかピンチョス風に仕上げた野菜など少しずついろいろな味を楽しめる。 会話が弾むカウンター席もいいが、大切な人となら個室も狙いめ。ムーディーな大人の空間で極上の串と共に語らえば、時が経つのも忘れてしまう。

おまかせコース(23品)
5184円

おまかせコース(23品)から、串とピンチョス(写真の串はささみ焼き、手羽先、ねぎま)
レアに焼いたささみなどの串。口直しにガリを添えるのもユニーク。砂肝など内臓系と野菜はピンチョス風に提供

名物特製カルボナーラ
1296円

人気の〆メニュー。生クリームを使わず、卵とチーズだけでコクを出す

フランス産フォアグラのコロッケ

コースの1品。シンプルに塩でいただく

いぐち No.10

■いぐち No.10
[住所]東京都港区麻布十番1-6-7F1プラザビル4階
[TEL]03-6455-4557
[営業時間]17時~24時(入店は21時半まで)
[休日]無休 
[座席]カウンター8席、個室2名×4室、4名×1室、計20席/全席禁煙/要予約/カード可/サ10%
[アクセス]都営大江戸線ほか麻布十番駅7番出口から徒歩2分

電話番号 03-6455-4557
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル