MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】 “ホンモノ”にこだわるファン必見の鉄道バル|神田鐵道倶楽部(バル/神田)

【閉店】 “ホンモノ”にこだわるファン必見の鉄道バル|神田鐵道倶楽部(バル/神田)

6月1日にオープンした鉄道バル。国鉄時代から日本食堂として、列車食堂を営業していた「日本レストランエンタプライズ」が手がけるとあって、“ホンモノ”にこだわる。

※閉店※神田鐵道倶楽部(最寄駅:神田駅)

店内にはサボ(行先板)や昭和30年代の路線地図など調度品が所狭しと並ぶ。 線路(カウンター)を走る13両(席)の電車で楽しめるのは、昼が昔懐かしの日本食堂メニュー、夜が新幹線の終着駅をモチーフにしたカクテルをはじめとするお酒とおつまみ。 さらに、東京駅の人気駅弁店『祭』から週替わりで3種の駅弁を販売。味噌汁(1杯200円)を購入すれば店内で食べることも可能だ。 精算はレジでなく、車内販売のアテンダントさんと同じ端末。suicaで精算すれば、最大30円引きのメニューも。気になる人は今すぐ出発進行!

左から秋田駅~こまち 新青森駅~はやぶさ 新潟駅~とき
各700円(suica割引680円)

オリジナル新幹線カクテル。地元の素材を使用し、「はやぶさ」は青森県産リンゴにブルーキュラソーを合わせる

昔懐かしベロネーズ
780円(suica割引750円)

食堂車等で食べられた一品を「北斗星」で使用された皿で提供。炒めたパスタにミートソースとカツがのる。昼夜とも注文可

ハムカツ
450円(suica割引430円)

大根三代サラダ
350円(suica割引330円)

動輪を思わせる厚さ1cmの極厚「ハムカツ」。カイワレ、大根、たくあんをマヨネーズで和えたシンプルな「大根三代サラダ」

ほやの燻製
350円

車内でしか買えないものを扱っているのも魅力。ほやの燻香がつまみにピッタリ。記念に持ち帰る人もいるそう

カチカチアイスもあるよ!

※閉店※神田鐵道倶楽部

[住所]東京都千代田区鍛冶町2-13-1 JR神田駅構内(北口改札外) [TEL]03-5256-2660 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、15時~22時半(22時LO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝 [交通アクセス]JR山手線神田駅北口からすぐ

電話番号 03-5256-2660
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt