MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺ハーモニカ横丁の奥深く昭和49年から続く名店。|ささの葉(居酒屋/吉祥寺)

吉祥寺ハーモニカ横丁の奥深く昭和49年から続く名店。|ささの葉(居酒屋/吉祥寺)

ハーモニカ横丁の奥深く、他店の誘惑を乗り越えた先にある『ささの葉』は、昭和49年から続く名店。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺ハーモニカ横丁の奥深く昭和49年から続く名店。|ささの葉(居酒屋/吉祥寺)の画像をチェック! navigate_next

ささの葉(最寄駅:吉祥寺駅)

ディープに呑む夜は路地奥に潜む昭和の名酒場へ

店内は激狭だし、メニュー表もないし……新参にはちと敷居が高そう。が、えいっと飛び込めば、そこは呑んべえたちのユートピア。少々ぶっきらぼうだが(失礼!)腕利きのご主人が繰り出すつまみが、もう旨いのなんの。まずはピチピチの貝やマグロがてんこ盛りの「刺身盛り」で胃袋ならしを。旬の旨いもんがつまったネタケースを指差し、「それ頂戴!」と自然に言えてしまう頃には、アナタもこの店の虜です。

刺身盛り合わせ
2000円

殻付きの赤貝などを豪快に。看板酒は土佐の銘酒「司牡丹」

牛すじ大根
2000円

大鍋で2日ぶんを仕込む定番料理。ひと皿2~3人前はあるボリューム。牛すじと利尻昆布の旨みが、大根の芯までしみている

ささの葉

■『ささの葉』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4
[TEL]0422-22-7676
[営業時間]20時頃~24時頃
[休日]不定休
[座席]カウンター7席、テーブル4席 計11席/喫煙可/カード不可/予約不可/お通し代なし
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩3分

電話番号 0422-22-7676
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル