SNSで最新情報をチェック

ハーモニカ横丁の奥深く、他店の誘惑を乗り越えた先にある『ささの葉』は、昭和49年から続く名店。

画像ギャラリー

ささの葉(最寄駅:吉祥寺駅)

ディープに呑む夜は路地奥に潜む昭和の名酒場へ
店内は激狭だし、メニュー表もないし……新参にはちと敷居が高そう。が、えいっと飛び込めば、そこは呑んべえたちのユートピア。少々ぶっきらぼうだが(失礼!)腕利きのご主人が繰り出すつまみが、もう旨いのなんの。まずはピチピチの貝やマグロがてんこ盛りの「刺身盛り」で胃袋ならしを。旬の旨いもんがつまったネタケースを指差し、「それ頂戴!」と自然に言えてしまう頃には、アナタもこの店の虜です。

刺身盛り合わせ

2000円

殻付きの赤貝などを豪快に。看板酒は土佐の銘酒「司牡丹」

牛すじ大根

2000円

大鍋で2日ぶんを仕込む定番料理。ひと皿2~3人前はあるボリューム。牛すじと利尻昆布の旨みが、大根の芯までしみている

ささの葉

■『ささの葉』
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4
[TEL]0422-22-7676
[営業時間]20時頃~24時頃
[休日]不定休
[座席]カウンター7席、テーブル4席 計11席/喫煙可/カード不可/予約不可/お通し代なし
[アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩3分

電話番号 0422-22-7676

2017年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...