MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
人気店『ムタヒロ』の新ブランドは味噌!(ラーメン/西国分寺)

人気店『ムタヒロ』の新ブランドは味噌!(ラーメン/西国分寺)

国分寺を中心に店舗展開中の人気店『ムタヒロ』グループの6店舗目。同店のコンセプトは、「味噌ダレを主役に立てたNEW OLD STYLE」の味噌ラーメンで、昔ながらの中華そばの要素を多分に取り入れた。味噌中華そば ムタヒロ JR西国分寺駅北口から徒歩1分 ※ランチタイム有

味噌中華そば ムタヒロ(最寄駅:西国分寺駅)

スープは豚と鶏でシンプルに炊いたあっさり清湯。煮干し油をスープの表面にまわしかけることで、どこかほっとするような懐かしい味に仕立てている。味噌は、仙台の赤味噌と大分の麦味噌の2種類をブレンド。麦味噌の甘みが効いたやさしい味わいだ。別皿で出されるおろし生姜は、途中お好みで入れると、スープにキレが加わり、最後まで飽きずに楽しめる。ゴマ油と胡椒、黒ゴマと和えた鶏挽き肉や、バーナーで表面を炙った肉汁したたるバラ肉チャーシューなど、トッピングも満足のいく内容!

ミソソ 味噌中華そば
780円

麺は中細のストレート。味噌ラーメンでは珍しい替え玉(100円)もできる

ニボボ 煮干中華そば
750円

豚と鶏で炊いたスープに、シロクチイワシとアジの煮干しの上品なダシを加えた醤油ラーメン。スープを飲み干し、丼の底に“アタリ”が出ると、グループ全店で使えるトッピング永久無料券が進呈される

鶏皮餃子
400円

生姜を効かせた豚挽き肉を鶏皮で包んだ揚げ餃子。外側はカリカリ、ジューシー、中の餡はふわっふわ!

味噌中華そば ムタヒロ

東京都国分寺市西恋ヶ窪2-6-5 ☎042-201-6981 [営]11時半~15時LO、18時~21時LO [休]木 [席]カウンター10席 [交]JR西国分寺駅北口から徒歩1分

電話番号 042-201-6981
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
麺を持ち上げるとズッシリ重い。讃岐うどんさながらの剛麺ながらも、その口当たりはソフト。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。
私はごはん党なので、普段パスタをあまり食べないのですが、先日フラっとダイヤ街から一本入ったところにあるイタリアン『B』に入って、思い出しました。 この店が「○○し放題」の店であることを……。 というワケで、今回は吉祥寺で〇〇し放題の店をどーんとご紹介です。
イトヨリダイを使って毎日手仕込みする練り物は、弾けるようなしっかりとした食感と旨みが魅力。うれしいのがそのボリューム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt