MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
今日のランチはココ!「日本橋海鮮丼 つじ半」の和食とラーメンが丼の中で調和する贅沢な海鮮丼(寿司/日本橋)

今日のランチはココ!「日本橋海鮮丼 つじ半」の和食とラーメンが丼の中で調和する贅沢な海鮮丼(寿司/日本橋)

「日本橋海鮮丼 つじ半」は「日本橋天丼 金子半之助」と「めん徳二代目つじ田」という2軒の人気店がコラボした海鮮丼の専門店。たった12席の店内に、連日300人以上の客が詰めかける。[交]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

日本橋海鮮丼 つじ半(最寄駅:日本橋駅)

丼にうず高く盛りつけられているのは、生マグロ、中おち、ボタンエビ、カズノコ、貝類など9種類の具材を合わせたもの。ワサビを溶いた黄身醤油をかけて頬張れば、それぞれの具材の味わいや食感が、絶妙のバランスで引き立て合う。お楽しみはこれだけでは終わらない。ご飯をオカワリしたら、別皿の刺身をのせ、香味野菜や焼いた鯛のカブトを5時間煮込んでとった、ラーメンスープを思わせる濃厚なダシをかけてお茶漬けに。一見、共通性のない和食とラーメンが、丼の中で見事に一体となる瞬間だ。

ぜいたく丼(梅)
990円

別皿の刺身は旬の魚を使用し、この日は鯛とワラサ

『日本橋海鮮丼 つじ半』
日本橋

東京都中央区日本橋3-1-15 ☎03-6262-0823 [営]11時〜15時LO、17時〜21時LO、土・日・祝は通し営業 ※ランチタイム有 [休]お盆•年末年始 [交]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分

電話番号 03-6262-0823
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
江戸前寿司を追求する『築地青空三代目』が昨年秋に新店舗をオープン。ここ丸の内店の特徴はなんといってもシャリの二刀流だ。
本店は札幌のすすきのにあり、北海道から毎日直行便で鮮度抜群の素材が届く。こちらの「ばらちらし御膳」、見た目の華やかさもさることながら、ほかではちょっと味わえない贅沢なネタがうれしい。
「対面商売なんだからさ、なるべく楽しく食べてもらいたいよね」。にこやかにそう語るご主人の心意気が溢れんばかりの「うに丼」だ。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt