MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
コースのベースはフレンチだが、刺身も出るしシメはご飯。|ラ・ボンヌ・ヌーベル(フレンチ/京橋)

コースのベースはフレンチだが、刺身も出るしシメはご飯。|ラ・ボンヌ・ヌーベル(フレンチ/京橋)

京橋「ラ・ボンヌ・ヌーベル」のオーナーシェフ・佐々木さんが打ち出すコースはちょっと変わっている。ベースはフレンチだが、刺身も出るしシメはご飯。

perm_media 《画像ギャラリー》コースのベースはフレンチだが、刺身も出るしシメはご飯。|ラ・ボンヌ・ヌーベル(フレンチ/京橋)の画像をチェック! navigate_next

ラ・ボンヌ・ヌーベル(最寄駅:京橋駅)

日仏がタッグを組んだ素材重視のコース

バター・生クリーム、そしてデザート以外は砂糖も使わない。ちなみに肉料理も一切ナシ。しかし、どの皿からも築地で毎朝仕入れる天然の魚と新鮮な野菜や果物を、直球で味わって欲しいという心意気がビシビシ伝わってくるのだ。その日仕入れた食材で組み立てるので、コースは基本的に日替わり。フレンチの技法と日本の食材を自由闊達にアレンジした、オリジナリティあふれるひと皿ひと皿に、感嘆の声が上がること間違いなし!

コース
6000円

d.無農薬の稲ワラで瞬間燻製したカツオをのせたひと皿 e.味付けは塩のみで驚きの甘さを感じさせるコーンスープ f.プラムや黄金桃など、新鮮なフルーツを盛り合わせている

a.甘鯛のソテーを浮かべた濃厚な旨みのブイヤベース b.この日の刺身は淡路島の鯛、宮城の星鰈、竹岡の太刀魚など。白ワインと昆布を合わせた特製刺身醤油や塩でいただく c.ウニをのせた豊かな甘みのトウモロコシの炊き込みご飯

無農薬リーフにマッシュルームやシイタケ、パプリカのソテーを添えたサラダ。野菜の香りや滋味をしみじみ堪能できる

胎内高原 ヴァン ペティアン ロゼ
6300円

爽やかな香りの発泡性のロゼ

ラ・ボンヌ・ヌーベル

東京都中央区京橋2-5-3 西村ビル1階 [TEL]03-3567-0877 [営業時間]17時半~21時LO [休日]土・日・祝(祝は不定休) [席]カウンター6席、テーブル4席×2卓 計14席/全席禁煙/予約必須/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線京橋駅4番出口から徒歩1分

電話番号 03-3567-0877
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ノルマンディ地方の料理を得意とするフレンチレストラン。圧巻のテイクアウトメニューが150g超(!)のソテーを乗せたフォワグラ丼だ。
これぞ懐深き下町のフレンチ! と声高らかに言わせてください。腕を振るうのはその道43年のシェフの須藤さん、ソムリエは気さくな接客の篠田さん。
ひと口いただけば「実直」という言葉が浮かんでくる料理の数々は、素材が持つ味を生かしつつ、一つひとつ丁寧に手作りされている。自宅でこの上質な味を楽しめると好評なため、テイクアウトはしばらく続ける予定。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル