MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
クレイジー餃子|創意工夫と繊細さが光る「絶品餃子」(餃子/金町)

クレイジー餃子|創意工夫と繊細さが光る「絶品餃子」(餃子/金町)

「クレイジー餃子」は2017年3月に金町にオープンした満州族の料理を提供する中華料理店。余分な油を使わず、素材の持ち味を引き出すことを重視した、やさしめの味付けが特徴だ。店名の「クレイジー餃子」は、豚肉ベースの餡にエビ1尾丸ごととアスパラを入れた羽根付き餃子にナチュラルチーズをのせて炙った傑作。

perm_media 《画像ギャラリー》クレイジー餃子|創意工夫と繊細さが光る「絶品餃子」(餃子/金町)の画像をチェック! navigate_next

クレイジー餃子(最寄駅:金町駅)

そのため、いわゆる町中華をイメージしていると、上品で繊細な料理に驚くだろう。 店名を冠された「クレイジー餃子」は、豚肉ベースの餡にエビ1尾丸ごととアスパラを入れた羽根付き餃子にナチュラルチーズをのせて炙った傑作。隠し味に使われた甘酒が奥深いコクを与え、エビが豊かな食感を演出し、やみつきになる味わいだ。 7種類を揃える餃子は、豚肉、鶏肉、牛肉、海鮮や野菜などの各具材に創意工夫が凝らされ、それぞれに根強いリピーターを持つ。きっと自分好みの逸品に出合えるだろう。

クレイジー餃子
626円

美しい焼き色とチーズの芳しさも魅力

鶏肉の水餃子
518円

女性人気ナンバー1の水餃子。レンコン、水菜が入って、ヘルシーなのに腹持ちの良さも抜群

トルコ焼き餃子
626円

牛肉をベースとした珍しい餃子。牛ならではの力強い味わいと玉ネギが入り、ほんのりスパイシー

揚げせせりのピリ辛炒め
950円

サクサクに揚げられたせせりと唐辛子は、ついついビールが進む味わい。現地で仕入れている四川大红袍花椒が華やかに香る

クレイジー餃子

[住所]東京都葛飾区東金町1-19-1 [TEL]03-5699-3588 [営業時間] 11時~15時、17時~23時 (22時半料理LO、23時ドリンクLO)※ランチタイム有 [休日]木曜日 [席]2席×2卓、4席×6卓 座敷4席×4卓、計44席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR常磐線ほか金町駅北口から徒歩4分

電話番号 03-5699-3588
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「餃子でお祭りのように騒ごう」がコンセプト。個性豊か、多彩な餃子メニューとともにお祭りがモチーフの店内は陽気に呑める。
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル