MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
看板ランチに弁当デリバリーまで!品川界隈のビジネスマンの強い味方

看板ランチに弁当デリバリーまで!品川界隈のビジネスマンの強い味方

「Dining Bar Arrays (アレイズ)」(洋食/品川)|とろとろ玉子&ライスの両脇を彩るのはマイルドなコクの自家製ハヤシと挽き肉入りのトマトソース。ビジュアルに生つばゴックンの「ハーフ&ハーフ」はソースの旨さをダブルで味わえる人気メニューだ。

Dining Bar Arrays(最寄駅:品川駅)

看板ランチに弁当デリバリーまで!ビジネスマンの強い味方

ハヤシは脂に甘みのある豚肉を使い、毎日寸胴鍋いっぱいに仕込むのがほぼなくなる看板の味。定番のハヤシライスなら通常700円が12時までは大盛りでも500円! 昼は近隣に弁当のデリバリーもしている。

ハーフ&ハーフ(こくうまハヤシとトマトソース、スープ・サラダ付き)
800円

ハヤシとトマトソースにふわとろ玉子も添えた人気の味。ソースを混ぜて食べても美味

洋食ランチ(スープ付き)
800円

ご飯の上にチキンのトマト煮とソーセージ、玉子焼きと盛りだくさん

お店からの一言

オーナー 津田雄輔さん

「昼はハヤシライスが定番、夜は貸切も多いダイニングバーです」

Dining Bar Arrays(アレイズ)

写真:Dining Bar Arrays(アレイズ)の店内

[住所]東京都港区港南2-4-9 [TEL]03-6712-8320 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、19時~23時、土・日・祝19時~23時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [座席]カウンター3席、テーブル20席 計23席/13時まで全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線ほか品川駅港南口から徒歩3分

電話番号 03-6712-8320
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
オーナーシェフの栗原さんは、グランメゾン「シェ・イノ」の出身。と聞けば、少し身構えてしまうが、この店ではそんな心配はご無用。
浅草が誇るうなぎの名店『駒形 前川』。約10年前からワインに力を入れ、うなぎに合うものを探し求めていたところ、スペインのワイナリーとのパイプを確立。
現地の養豚家が日本人の嗜好を徹底研究して作った三元豚「ハイライフポーク」が味わえるブランドショップだ。
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt