MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

職人が目の前で揚げて提供する天麩羅をこの価格でいただける、お値打ち度の高いランチ。カウンター席に座れば、揚げる前の素材を見せてくれ、天麩羅を一品ずつ提供。

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」(最寄駅:新宿駅)

サクサク軽い食感の衣から、上質なゴマの香りが漂う

ときに料理長の軽妙なトークもはさみながら、ランチにも関わらずディナー気分を味わえる。 店名が表すとおり、料理長が選んだそのときどきの旬の食材を揚げる油は、生のゴマから絞ったもので2種類をブレンド。火が入るとふわっと上品にゴマが香り、素材の味を引き立てる。揚げたての天麩羅全7種に小鉢など付いて、休日でもこの値段。行かない手はない。

しなの 小鉢、サラダ、巻海老の天麩羅、魚介の天麩羅2種、野菜の天麩羅4種、小天丼(天麩羅と白飯を別々も可)、味噌汁、デザート
¥3026

サラダ、小鉢も旬の食材を使用。取材時の小鉢は加賀野菜の金時草のおひたし、かぼちゃサラダ。天麩羅はレギュラーの巻エビから提供される。ほかの魚介2種、野菜4種は季節により変わるが、秋からは旬のキノコ類などサクサク衣との相性がたまらない素材が控えている

コースにつくかき揚げは、甘辛いタレに絡めた天丼にして食べるか、白飯と別々に食べるか選べる

お店からの一言

料理長 榎本稔さん

「店名のとおりそのときの旬の素材を揚げています」

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」

[住所]東京都新宿区西新宿2-2-1 本館7階 [TEL]03-3344-0111(レストラン予約) [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター10席、テーブル10席、計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]京王線ほか新宿駅西口から徒歩5分

2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
天空散歩に満足したら、日本最高所のホテル、『ホテル千畳敷』のレストランへ。メニューボードの前に立つと思わず迷ってしまう。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
外の緑が美しく、優雅で品のあるラウンジでは、大きなソファが置かれくつろげる。ここでは、ホテル自慢のアフタヌーンティーセットを予約したい。
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt