MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
麻布十番 [Bistro 釜津田] ランチ限定コースの記事と写真

麻布十番 [Bistro 釜津田] ランチ限定コースの記事と写真

麻布十番の「Bistro 釜津田(ビストロ カマツダ)」は能登の食材を使った華麗な料理が人気のカウンターフレンチ。夜のコースは8000円からだが、土日祝のランチ限定でアミューズ、前菜2品、メイン、デザートのプリフィクスコースが2800円で味わえる。

Bistro 釜津田(最寄駅:麻布十番駅)

土日祝ランチ限定の至福プリフィクスコース

メニューは週替わり。新サンマにフォアグラのポワレ、無花果のキャラメリゼを合わせた前菜など、食材の組み合わせのセンスの良さ、美味なる一皿に昇華させる技量の高さに驚かされること必至だ。

プリフィクスコース
2800円

新サンマとフォアグラのポワレと無花果のキャラメリゼ、カサゴのスープ・ド・ポワソン、フランス・ラカン産 ピジョンのロティ、巨峰のグラニテ。

ある日の献立の一例。ピジョン(鳩)は胸肉、モモ肉、ハツなど部位で調理法が異なる

馬肉ヒレのロティ(プリフィクスコースより)

メインの一品。馬肉ヒレの上品な旨みが際立つ

お店からの一言

スーシェフ 白土 誠司さん

「素材の旨さを生かすメニューを用意してお待ちしております」

Bistro 釜津田(ビストロ カマツダ)

写真:Bistro 釜津田(ビストロ カマツダ)の店内

■Bistro 釜津田
[住所]東京都港区麻布十番2-14-4 エタニティー麻布十番地下1階
[TEL]03-6453-7353
[営業時間]土日祝11時半~15時(13時LO)、日18時~23時(21時LO)、月~土18時~24時(21時LO)※土日祝のみランチタイム有
[休日]水
[席]計15席/分煙(シガールーム有)/予約可/カード可/サ10%
[交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩1分

電話番号 03-6453-7353
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt