MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[亀喜]の[オムライス]のグルメ記事と写真(洋食/三田)

[亀喜]の[オムライス]のグルメ記事と写真(洋食/三田)

三田「亀喜」の「オムライス」はデ、デカい。薄焼き玉子で包みケチャップをかけた王道スタイルだが、その重量感はハンパじゃない。[交通アクセス]は都営三田線三田駅A3出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》[亀喜]の[オムライス]のグルメ記事と写真(洋食/三田)の画像をチェック! navigate_next

亀喜(最寄駅:三田駅)

1.5合のド迫力「オムライス」まるでラグビーボール!?

「ご飯の量は1.5合くらい。味は普通だよ」と笑う店主の横川さん。いやいや、量が多いだけではない。はちきれんばかりの球体にスプーンを入れると、でっかく切られた大山どりがゴロゴロと出てくる。しっとり、パラリのケチャップライスも旨いのなんの。胃も心も幸せで満たされますゆえ、午後の猛烈な睡魔にご注意を。

オムライス
950円

食べきれなかった場合は、パックに詰めて持ち帰りにしてくれる心遣いも。「ヤキメシ」(850円)や「カツカレー」(950円)もボリューム満点。定食や麺類も充実している

亀喜

■『亀喜』
[住所]東京都港区芝5-26-3
[TEL]03-3451-7673
[営業時間]11時~13時半、16時~21時半(土曜日はランチのみ)※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]テーブル41席/全席喫煙可/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし
[アクセス]都営三田線三田駅A3出口から徒歩3分

電話番号 03-3451-7673
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
最新記事
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
get_app
ダウンロードする
キャンセル