MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

旧ヤム邸 シモキタ荘(スパイスカレー/下北沢)|大阪では市民権を得ている“スパイスカレー”をご存じだろうか? インドでも和風でもないフリースタイルで、スパイスたっぷりだが刺激的と言うよりはむしろ淡く優しい味わい。

perm_media 《画像ギャラリー》下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。の画像をチェック! navigate_next

旧ヤム邸 シモキタ荘(最寄駅:下北沢駅)

大阪を代表するスパイスカレーの人気店が下北沢にやって来た

ダシの旨みがまろやかに利いていて、さながら毎日でも食べられるお惣菜のごとし。その人気店のひとつ『旧ヤム邸』が下北沢に進出。店主の植竹さんは「大阪の“なんでもあり”がスパイスカレーなんです」と笑う。注文方法がまた独特で、本日のカレーに3種類の日替わりキーマを組み合わせるのだ。ちなみに東京の一番人気は全部がけ。古民家風のインテリアが和むこの店は接客も大阪スタイルで親しみやすい。

ぜんがけ
1350円

人気の「ぜんがけ」はボリュームたっぷり

あいがけ
1100円

奥が「ハーブタルタルですすむ 爽やかレモンの海老キーマ」、手前は「赤パプリカで煮込んだ青チリ牛豚キーマにゴーヤのポリヤルのせ」。ポットの中の本日のカレーは海老ダシの酸味のあるスープカレー。これを適宜加えて食べると楽しい

アイスマサラチャイ、ラッシー
500円、450円

ラッシーやチャイのほかアルコールもある

お店からの一言

店主 植竹大介さん

「そのまま味わったら最後は混ぜて食べてみて下さい」

旧ヤム邸シモキタ荘

写真:旧ヤム邸 シモキタ荘の店内

■『旧ヤム邸シモキタ荘』
[住所]東京都世田谷区代沢5-29-9 ナイスビル1階
[TEL]03-6450-8986
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~22時(21時半LO)※ランチタイム有
[休日]火曜日
[座席]テーブル14席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]小田急小田原線ほか下北沢駅南口から徒歩7分

電話番号 03-6450-8986
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル